【発音】アの区別①(縦、横、真ん中)

こんにちは。

発音の話です。

英語には、ɑ、æ、ʌなど、アの音がいくつか存在します。

日本語のアと似ているようで、どれもアとは異なります。

日本人の発音を聞いていると、これらの音の区別が曖昧です。おそらく意識している人は少数派だと思います。

カタカナ英語から脱却し、英語らしい発音を目指すなら、これらの音の区別は必須です。必ずマスターしましょう。

発音の仕方は以下の通りです。

ɑ:顎を縦に大きく開いて、顔の前面を響かせる。
⇒明るいアの音

æ:スマイルの口の形で、唇を斜め下方向に引っ張る。
⇒アとエの中間の音

ʌ:顎を少しだけ開いて、喉の奥を響かせる。
⇒暗いアの音

以下、単語の例です。

ɑ:hot, water, soft

æ:cat, apple, after

ʌ:fun, love, come

これらの音の区別は、下図をイメージすると簡単に覚えられます。

この図は口の形を表しています。

ɑは縦、æは横、ʌは真ん中のイメージです。

これらの音の区別にメリハリが出るようになると、英語らしい、美しい発音になっていきます。

定着させるには図のイメージを意識して、音読練習を繰り返しましょう。

具体的なトレーニング法は次回お話ししますね。

2 Replies to “【発音】アの区別①(縦、横、真ん中)”

  1. この発音のイメージ図は、面白いし理解しやすいです。こんな方法で似通った発音を表現できたら、覚えやすいと思いました。

    1. 発音記号は様々な種類があり一見ややこしいですが、このような抽象的なイメージでざっくり覚えると簡単です。参考にしてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です