【あがり症克服】あがり症の原因

こんにちは。

あがり症の原因について。

私は今でこそあがり症をかなり克服できたと思っているのですが、そもそも子供の頃からなぜあがり症だったのか。

あがり症になったのは無口であることと関係していると思ってます。

私は子供の頃から無口で大人しい性格でした。

無口な人間にとっては、人と話すことは特別なことです。

大勢の人前で話すなんてことは、常軌を逸したことなのです。

普段人と交流しないので、目立たず、存在感がない。

そのような人間が人前に立った時、人に見られている意識を強く感じてしまいます。

人の目線に対して恐怖を感じ、震えてしまうのだと思います。

一般的には、あがり症の原因は人それぞれのようです。

小さい頃から人と関わってこなかったケース、容姿にコンプレックスがあるケース、家庭環境が恵まれなかったケースなどがあるようです。

私のように、人と関わってこなかったケースは、意図的に人と接する機会を多くすることで克服できます。

しかし、容姿が原因である場合は対処が難しそうです。容姿はなかなか変えられませんから。

あがり症の克服は、人それぞれ異なるアプローチが必要なところが難しいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です