音読は作業ではない

こんにちは。

レッスン報告です。

ストアカのセミナーに来ていただいた30代女性の方。

夫が外国人で、海外に転勤になるので、自分もある程度話せるようになりたいとのこと。

海外に住めば、英語を話す環境に置かれるので、自然と英語力は身についていくと思います。

それでも、海外に行ってからの吸収力を高めるために、日本にいる間に、ある程度下地を作っておきたいものです。

レッスンを受講してのビフォーアフターを紹介しますね。

最初、会話文を音読してもらいましたが、お経のように棒読みで、速度も速すぎます↓

まずは、声の明るさを出すために、ミドルボイスを意識してもらいました。

ミドルボイスは眉間のあたりを響かせるように発声する方法で、明るい印象を与えることができます↓

すごく明るくなりましたよね。

そして、発音の基礎を一通り練習して、口のフォームや顎の開閉、抑揚間を意識して発声してもらいました↓

最初に比べるとかなりの変化ですよね。

抑揚がつき、最初のような作業感がなくっています。

速度もちょうどよいです。そもそも速いと抑揚はつけられないです。

英語の上達には音読は欠かせないのですが、家で個人で練習している際には、最初の例のように、ただ読むだけの作業になりがちです。

それだと、効果がないどころか、悪い癖もついてしまいます。

毎回、正しい口と顎のフォームで、感情を入れて練習することにより、1回1回の音読の効果を高めることができます。

そして、継続すれば、適切な筋肉がつき、無意識に正しい発声ができるようになっていきます。

この程度の変化であれば、90分のレッスンで実現できますので、是非体験しに来てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です