【発音】アの区別②(トレーニング)

こんにちは。

前回、アの音の区別について説明しました。

ɑ:縦に開く

æ:横に開く

ʌ:少し開く

一般の日本人はこれらの音は区別せずに、すべて日本語のアと発音します。

でも、せっかく英語学習されるのなら明確にこれらの音を区別していきましょう。

トレーニング法は単純。

縦横真ん中を意識してひたすら音読するだけです。

そのとき、顎、口は大きく動かしていきましょう。

例えば以下の文。

I have a ticket to the soccer match on Sunday night.

アの区別できますでしょうか?

分からなければ発音記号調べてください。

ɑ:soccer, on

æ:have, match

ʌ:Sunday

ですね。

さらに、2重母音

aɪ: I, night

もɑと同じ縦に開くアになります。

よって、上の文は以下のイメージになります。

 

矢印に合わせて大きく口、顎を動かしていきます。

何度もやってるとだんだん口が馴染んできて、瞬時に切り替えられるようになっていきます。

カタカナ英語から脱却し、美しい発音を目指すなら、アを正確に区別できることは必須です。

また、アの区別ができるようになるとリスニングの精度もあがっていきます。

ネイティブの発音に少しでも近づくために、ぜひマスターしましょう^^

【発音】アの区別①(縦、横、真ん中)

こんにちは。

発音の話です。

英語には、ɑ、æ、ʌなど、アの音がいくつか存在します。

日本語のアと似ているようで、どれもアとは異なります。

日本人の発音を聞いていると、これらの音の区別が曖昧です。おそらく意識している人は少数派だと思います。

カタカナ英語から脱却し、英語らしい発音を目指すなら、これらの音の区別は必須です。必ずマスターしましょう。

発音の仕方は以下の通りです。

ɑ:顎を縦に大きく開いて、顔の前面を響かせる。
⇒明るいアの音

æ:スマイルの口の形で、唇を斜め下方向に引っ張る。
⇒アとエの中間の音

ʌ:顎を少しだけ開いて、喉の奥を響かせる。
⇒暗いアの音

以下、単語の例です。

ɑ:hot, water, soft

æ:cat, apple, after

ʌ:fun, love, come

これらの音の区別は、下図をイメージすると簡単に覚えられます。

この図は口の形を表しています。

ɑは縦、æは横、ʌは真ん中のイメージです。

これらの音の区別にメリハリが出るようになると、英語らしい、美しい発音になっていきます。

定着させるには図のイメージを意識して、音読練習を繰り返しましょう。

具体的なトレーニング法は次回お話ししますね。

【会話術】感情を述べる

こんにちは。

レッスンの最初に英語で雑談をしています。

ただ、皆さん、英語になるとなかなか言葉が出てきません。

例えば、

What did you do yesterday?

と聞くと、

I went shopping to the grocery store.

と答えて終わり。

これだけだと寂しいです^^;

質問に対して事実を述べるだけの方は多いです。

少しでも話す量を増やすには、事実に加え、そのときどういう感情であったかを話すとよいです。

例えば、この場合、

I went shopping to the grocery store.
But the weather was so hot and humid.
So, I got really exhausted.

のように加えればよいです。

ここでは感情をあらわす単語として

exhauseted (消耗した)

を使っています。

事実+感情+理由で少なくとも3文は話せますよね。

事実だけを述べると、相手も

So what?

で終わってしまいますが、感情を加えることにより、

Oh, yeah.
It was terrible yesterday.
I hope that the rainy season will end soon.

などと何かしら共感してくれます。

感情を表す単語は

happy, glad, excited, surprised, satisfied, relaxed, bored, nervous, annoyed, frustrated, depressed, disappointed, embarrassed, …

など様々あります。

一通り覚えておいて、会話の幅を広げられるようにしたいですね。

【レッスン報告】ビーチで優雅に

こんにちは。

体験レッスン報告です。

40代男性。医療関係。

よく海外旅行に行かれるそうです。

行き先は東南アジアが中心、ビーチでお酒を飲みながらリラックスするのが好きとのことです。

英会話に関しては、旅行先で困らない程度の会話力を身に付けたいとのことです。

ビーチでリラックスとか、優雅ですね。そういうゆっくりとした時間の使い方には憧れます。

私は仕事関係でしか海外に行ったことがないので、本当の海外旅行の魅力を知らないのかも知れません。

もし、まとまった時間がとれたら、私も遊び目的で海外旅行してみたいと、ビーチとカクテルグラスを想像しながら思ってしまいました^^

この方の場合、英会話の目的が明確なので、それに合わせたテキストを使ってレッスンするのもよいかと思いました。

本屋で海外旅行向けの英会話本を物色してみましたが、目に留まったのは2冊。

1つは、YouTubeでおなじみのバイリンガールちかさんの「Help me TRAVEL」。

海外での様々な場面での会話文が載ってます。会話形式なので、レッスンでマンツーマンで読み合わせるのには最適です。

会話文は実に70個以上も掲載されているので、これらを網羅するだけで海外旅行としては十分な英会話力が得られると思います。

もう1つは、Nobu Yamadaさんの「絵で見てパッと言う英会話トレーニング」。

これも様々な場面での英会話フレーズが載っていますが、イラストが本人目線で描かれているので、実際の情景を想像しながら話す練習には最適です。

このようなテキストを使えば個人で英会話を習得することは可能です。

でも、最終的にネックになるのは発音。

せっかくいろんなフレーズを覚えても伝わらなければ意味がないです。

私のレッスンは発音に重点を置いているので、確実に伝わる発音でこれらのフレーズが覚えられます。

どうせ海外旅行をするのなら、美しい発音を身につけた上で行きたいものです。

そうすれば、より優雅な気分でビーチを満喫できるようになりますよ^^

【レッスン報告】悪循環を好循環に

こんにちは。

先日行った体験レッスン2件目。

30代女性。

医師の方で、大学院在学中。TOEICは大学時代にすでに800点以上、留学経験もおありの方です。

大学での英語プレゼンで自信を持って話せるようになりたいとのこと。

音読を聞かせていただいたところ、発音は美しく、何の問題もありません。(残念ながら私が教える余地はありません^^)

問題は人前で話すこと。

発表で声が震えるそうで、震える自分の声を聞いてさらに緊張してしまうそうです。

緊張の悪循環ですね。

発表者が緊張しているときは、場の空気も重くなるものです。

震えを治すコツは、英語、日本語に限らず、発声の技術を身につけること。

具体的に、腹式呼吸とミドルボイスです。

これを身につけると発声が安定するので、緊張していても緊張しているように見えなくなります。

ミドルボイスというのは放物線を描くように上方に向けて発声する方法で、声のトーンを明るくする効果があります。

声のトーンが軽くなれば、場の空気も軽くなります。

その軽くなった雰囲気を感じれば、自分も落ち着くことができます。

今まで震えていた人が一度でも震えずに発表できたなら、それが自信となり、次回発表するのが楽しみになります。

その前向きな気持ちが、さらに震えを抑える効果をもたらします。

このような好循環を生み出せるように、レッスンではトレーニングをしていきたいと思います^^