【雑記】人手不足と英語

こんにちは。

人手不足が深刻です。

私はIT企業に勤めておりますが、毎日のように「人がいない」という言葉を聞きます。

ご存知の通り、政府も人手不足への対応として、外国人労働者の受け入れに積極的になってきています。

外国人労働者というと、これまでは人件費の安さのために、東南アジアをはじめとした諸外国に仕事を外注するのが普通でした。

これからは、人件費の安さだけではなく、人手不足への対応のために外国人労働者を利用することになりそうです。

人件費、人手不足の両輪で外国人労働者へのニーズが高まっているのです。

私の会社でも正社員、派遣ともにアジア系外国人技術者の数がどんどん増えてきてます。

こうなると、日本企業においては、外国人とコミュニケーションを取れる人材の価値がますます高まっていくと思われます。

これまでは英語を話せるのは社内の数名に限られていましたが、これからは社員全員が普通に英語を話さなくてはならなくなるでしょう。

特に、プロジェクトリーダーのような重要な仕事をこなすには、英語を話せるのは当然として、皆を引っ張っていける英語が必要になります。

英語力が収入に直結する時代が来ているのです。

「英語ができなくてもAIが何とかしてくれる」と皆が胡座をかいているうちに、いち早く英語をマスターしておきたいところです。

そうすればこれからの時代、生き残れる人材になれるのは間違いと思います。

【雑記】人を目標にする

こんにちは。

前回、日本人英会話講師の魅力についてお話ししました。

個人的な話になりますが、現状、私が目標とする英会話講師は、渋谷の英語カフェAlphaのオーナーさんです。

オーナーさんはアメリカに長く住んでおられたという方で、現在、Alpha内にて英会話講師をされています。

テンションが高く、表現力が豊かな方で、個人的に非常にリスペクトしてます。

直接レッスンを受けたことはないのですが、レッスンテーブルからいつも楽しそうな笑い声が聞こえてきます。

楽しいレッスンができることは英会話講師として理想の姿です。

オーナーさんとは、初めて来店したとき、ちょっとだけ話したことがあるんですが、ざっくりこんな会話でした。

O:オーナーさん、K:私

O: What do you do for a living?

K: I’m just a software engineer.

O: Don’t say “just”. You should be proud of your work. Please say “I’M A SOFTWARE ENGINEER!”

私は謙遜して何でも just をつける癖があるのですが、その just に対して見事に突っ込まれました。

そして、自分の仕事に誇りを持つようにと、非常にポジティブなアドバイスを頂きました。

最後の大文字になっている文は、自信満々のジェスチャーで言われていたのが印象に残っています。

以来、私はこのオーナーさんのように「カッコよく話せるようになること」を英語学習の目標としています。

英語学習の目標というと、英検やTOEICに焦点が当たりますが、人を目標にすることもまた、やる気を高められる、よい目標ではないかと思います。

参考までに、オーナーさんのプロフィールが以下に載ってました。Kotaさんという方です。

http://www.alphashibuya.jp/elesson/

【雑記】日本人講師の魅力

こんにちは。

日本人英会話講師について。

英会話講師には様々な国籍の方がいらっしゃいます。

生徒さんにとって人気なのはやはり、アメリカ人やカナダ人のネイティブ講師でしょうか。

ネイティブの発音や言い回しを直接聞けるのは大変な勉強になります。

でも私の場合、ネイティブ講師が必ずしも魅力的とは思いません。

なぜなら、ネイティブが英語を話しているのを見ても、何の感動もないからです。

ネイティブにとって英語を話すのは日常的なことであり、日常の光景を目にしても、何も心に響かないのです。

私はどちらかというと、日本人講師に感銘を受けます。

日本人が流暢に英語を話すのは並大抵のことではありません。

そこに至るまでには、途方も無い努力が必要です。

日本人が流暢に英語を話すという非日常的な光景を見せられたら、感動せずにはいられません。

そして、感動は目標になります。

生徒さんにとっては、同じ日本人として、自分も頑張ればこのようにカッコ良く英語を話せるようになるのだという、強いモチベーションになります。

生徒さんにとって身近な存在だからこそ、目標になり得るのが日本人講師の魅力だと思います。

大袈裟かもしれませんが、アーティストやアスリート同様、人に夢を与えられる存在であるとも思うのです。

これから英会話を始められる方は、まず日本人講師を選び、非日常を味わってみるのもよいと思います。

私も日本人講師として、生徒さんに夢を与えられる存在になれるよう、頑張らなければと思っています。

【レッスン報告】輪郭をつける

こんにちは。

夏休みに入りましたね。今日も暑い中、体験レッスンをさせていただきました。

30代女性。イラストレーターの方。

作品を海外に売り込むために英語が必要、また、海外旅行でも不自由なく話せるようになりたいとのことです。

普段、声が小さいというお悩みでしたが、実際に聞いてみると物腰柔らかい話し方をされます。むしろ魅力的な声と感じました。

普段の話し方が柔らかい人にとっては英語の発声は難しく感じると思います。

英語では子音を強調するための息のスピード、母音を区別するための口、顎の開閉のメリハリが大事になってきます。

普段、 柔らかい話し方の人は息のスピードが弱く、口の開閉が鈍くなりがちです。

相手には優しい印象を与えられるのですが、時として弱々しい印象になってしまいます。

そのような方の場合、音読をするときに、言葉の出だしをはっきりさせるように練習するとよいです。

具体的には、息を強く吐いて子音を強調するように発声します。

そうすると、言葉の輪郭がはっきりしてきて、柔らかいトーンの中にもシャープなエッセンスを与えることができるようになります。

例えると、中はフワフワ、外はサクサクのメロンパンのような感じでしょうか。非常に魅力的な声になります。

話し方によらず、英語では子音の強調が大事になります。音読練習をされる場合は、常に意識していきましょう。

【雑記】Talk like singing

こんにちは。

英語発音の話。

英語の発音は、英検やTOEICなどの点数に直接現れないものなので、なかなか身につけたいという動機が湧かないかもしれません。

私が英語が好きなのは、日本語にないイントネーションやリズム感があるからで、それを聞いたり話したりしていて脳に心地よいからです。

ある種の中毒です。

ひと昔前、Sing like talking という曲がありましたが、英語はまさに Talk like singing です。

歌うように抑揚をつけて話すととても気持ちいいです。ネイティブの話を聞いていると歌ってるように聞こえますよね。

私もネイティブ級を目指して、日々努力しています。

Talk like singing は私の目標とする姿です。

まだまだその域には程遠いですが、それでもある程度上達してくるといろいろ良いことがあります。例えば、

①外国人と話しても聞き返されることがなくなり、ストレスフリーに会話を楽しめる。

②リスニング力が向上し、海外ドラマやYouTube動画が字幕なしで楽しめるようになる。

③学会や講義などのプレゼンで堂々と話せる。

④人から「英語上手いですね」と言ってもらえる。

などなど。

④はいやらしいですが、人から褒められることは最高に嬉しいことです。

人は見た目が9割と言われますが、英語に関しても同様な部分があります。

文法が少々崩れても、たいした内容を話していなくても、発音が良いだけで英語が上手く聞こえてしまうのです。

思うに、発音は英語の中で最も楽しい部分です。

しかし、多くの人はスコアを稼ぐことに気を取られており、英語の真の魅力に気づいていません。

発音を身につけた先には楽しい世界が広がっています。

せっかく英語学習をされるのなら、発音にもこだわってみてはどうでしょうか。