【学習法】脳内和英対応表を作る

こんにちは。

英会話で瞬発力を高める方法について。

英語で何か言おうと思って、実際に口から言葉が出てくるまでのプロセスには、主に2通りあると思っています。

1つはボトムアップに文を作っていく方法。

これは、SVやSVO、SVOCといった文型に、自分の知っている単語を当てはめることにより、一から文を作っていく方法です。

例えば、「その状態遷移システムはすべてのイベントに対する遷移を網羅できていない」という文を言おうとしたとします。

そのときまず、「状態遷移システム」、「遷移」、「網羅する」に対応する単語として、”state transition system”, “transition”, “cover”を抽出します。

そして、それらをSVO型に当てはめ、

The state transition system does not cover the transitions for all the events.

と言います。

もう1つはトップダウンに文を引き出す方法。

これは、言いたいことからそれに対応する文を直接引き出してくる方法です。

例えば、「もう一度言っていただけませんか?」と言おうとしたとき、すでに知っている定型文として、

Could you tell me that again, please?

と言います。

この方法は、ボトムアップな方法と違って、単語の抽出や文の組み立てのプロセスを介しません。

知っている文をそのまま言うだけです。

イメージとしては、頭の中に和文と英文の対応表があって、和文が与えられたときに、それに対応する英文を直接引っ張ってくる感じです。

言うまでもなく、こちらの方が瞬発性が高くなります。

英会話初心者の方は、頭の中にこの表が存在しないので、最初のうちはほとんどボトムアップな方法で話すことになります。

文型や単語を考えながら話すので、言葉がたどたどしく、テンポが遅くなります。

一方、英会話上級者の方は、何度も同じ文を話した経験から、頭の中にすでにこの表ができあがっています。

その結果、特に考えなくても言葉が出てきます。

初心者と上級者の違いはこの表を持っているかどうかです。

初心者が上級者になるには、この表を地道に構築していくことが必要です。

そのためには、毎日音読練習を継続することや、アウトプット機会を増やしていくことが必要になります。

本サイトで提供している無料英作文メルマガは、初心者の方が会話の瞬発力を高める手助けになればと思って始めました。

毎日、英作文の練習をすることで、コツコツと脳内に対応表を構築していけるのではないかと思います。

問題文として実際に言いそうな文を取り上げていますので、ヒット率の高い表を作っていけると思います。

結果として、会話における瞬発性が上がり、ストレスなく会話を楽しめるようになっていくと思います。

ぜひ、毎日の英作文にチャレンジしてみてください。

【会話術】全員が理解できる表現を使う

こんにちは。

英会話では、会話の参加者全員が理解できる表現を使って話すことが重要です。

例えば、ビジネスの場でよく使う言葉として、

「認識合わせ」

があります。

「明日の打ち合わせで、仕様変更について認識合わせさせてください」

のように使います。

「認識合わせ」は慣用句として、

be on the same page

という表現があります。

先ほどの文章だと、

“In the meeting tomorrow, let us make sure that we are on the same page about the change of the specification. “

となります。

会議の場でこの表現を使うとき、周り全員がネイティブだったら問題なく通じると思いますが、ノンネイティブには必ずしも通じるとは限りませんし、日本人にはおそらく通じないです。

その場合、皆に通じる表現で言い直す配慮が必要です。

今のセリフを言い直すとすれば、

“In the meeting tomorrow, let us make sure that our understandings about the change of the specification are the same.”

となるでしょうか。

新しいフレーズを覚えたときは、それが一般に使われている表現なのかどうか確信が持てない場合は、全員に通じる単語を使って言い換えられるようにしておくとよいです。

また、万が一、自分がその表現を忘れてしまった時のために、簡単な単語を使って言い直せるようにしておくとよいです。

このようにバックアップ体制を整えておくことで、コミュニケーションを滞らせてしまうリスクを減らすことができます。

ちなみに、今日、YouTubeを見てたら、

“… making sure that you guys are on the same page …”

というセリフが聞こえてきました。

be on the same page

は普通に使われている表現のようです。

なお、「認識」を表す単語としては、

recognition

が一般的ですが、「認識合わせ」として使うには大袈裟であり、

understanding

がより適切のようです。

ぜひ、参考にされてください。

【無料】「言いたいことが言えるようになる」英作文メルマガ始めました

こんにちは、お知らせです。

無料英作文メルマガ始めました。

内容はとてもシンプルです。

1日2回送信。

毎朝、いくつかの英作文問題をお届けします。

そして、英訳回答例を夕方にお届けします。

使い方としては、まず、朝、メールを受け取ったら、通勤時間に頭の中で英訳してみてください。

そして、夕方、回答例を受け取ったら、帰りの電車で、あるいは夜ベッドに寝ながら、各文5回ずつ音読してください。

効果的に音読していただけるよう、英文を発音記号付きで送ります。

詳細、お申し込みはこちらをご覧ください↓

無料英作文メルマガ

【雑記】英語とお金

こんにちは。

英語がもたらす金銭的メリットについて。

英語ができることのメリットは比較的高い年収の仕事に就けることと思います。

私の場合、英語ができたことで博士を取得し、大学の教育職に就くことができました。

大学教員といっても一番下っ端の助教というポジションです。

28〜35歳の8年間、助教をやってましたが、その間の年収は500〜600万くらいでした。

特別に高いというわけではありませんが、物価の安い石川県でこれだけの給与を得ることができたのは大きいです。

毎月ハイペースで貯金することができました。

具体的には、毎月20万円程度、ボーナスと合わせて毎年300万円程度の貯金です。

さらに大学教員は銀行からの信用が高いので、ローンが通りやすく、投資用不動産を何件も買うことができました。

ローンを使わず、現金一括で小規模アパートや区分マンションを買ったりもしました。

今は大学を辞め普通のサラリーマンですが、その時に購入した不動産からのキャッシュフローが今の会社の給料に勝ります。

私の場合は大学教員という道でしたが、英語ができるならやはり、外資系企業への就職が王道でしょうか。

外資系なら年収は高くなるので、同様にハイペースで貯金できるようになると思います。

あとは、貯めた自己資金と、信用力を担保にして融資を引き、不動産を購入していくだけです。

そして、家賃収入が貯まったら不動産に再投資する。

このサイクルを回すと複利が効いてきますので、ハイペースで資産形成していくことができます。

まあ、英語がすべてではないのですが、英語ができることで、ワンランク上の職に就けるようになるのは事実であり、年収の増加、及び、信用力を利用した資産拡大の可能性を広げることができます。

会社の給与と不動産収入を合わせれば年収1000万など容易ですし、老後の2000万円問題もどこ吹く風です。

日本も国際化の流れが加速してますので、英語ができることによるチャンスはますます広がっていくのではないでしょうか。

あなたもぜひ、英語をマスターして、沢山のお金を稼いでいきましょう。

【雑記】継続の難しさ

こんにちは。

英語学習の最大の障壁と言えば、そう、

継続が難しいこと。

英語って緊急性がないんですよね。

英語は話せなくても、別に死ぬわけじゃないし、他の日本人も同様にできないので、自分だけが困るわけでない。

しかも、英語学習って少しやっただけでは進歩を感じにくい。

にも関わらず、英語学習を継続し、マスターするに至るためには、相当に強いモチベーションが必要です。

私が大学時代に英語学習を継続できたのは、同じ研究室に英語が堪能な先輩がいたからです。

私は中学・高校時代、英語が一番の得意科目だったので、英語に関しては人に負けたくない気持ちが強かったです。

大学に入学して暫くは英語のことは忘れてしまっていましたが、研究室に配属後、英語ができる先輩を見ることによって自分の闘志に火が付いたという感じでしょうか。

その先輩のTOEICのスコアに追いつけるよう、毎日2時間、2年程度、英語学習を継続していた記憶があります。

このように、目標とする人やライバルを見つけるのは、継続するための良いモチベーションになりますね。

また、何事も高いモチベーションを保つには、お金に結びつけるとよいと言われます。

そういう意味では、私も例外ではありませんでした。

私にとって目先の目標は先輩に追いつくことでしたが、その先には、「英語を使う仕事をしてたくさん稼ぎたい」という気持ちがあったと思います。

実際に、私は英語ができたおかげで、お金の面でよい思いをすることができました。

それについはまた次回お話ししますね。