【発音】「子音>母音」をマスターする①

こんにちは。

日本人の英語が日本語っぽく聞こえる原因の1つに子音と母音のバランスがあります。

例えば日本語の「サ」は子音sと母音aからなります。

「サ」と発音するとき、強さにしても、長さにしても、母音の方が若干勝つような形になります。(図左)

一方、英語ではそのバランスは逆転します。

同じく英語で「サ」、例えばsɑと発音するとき、子音sが母音ɑに対して、強さ、長さともに勝ります。(図右)

英語の場合、母音にも強いものや伸ばすものが存在するので、一概には言えませんが、全体的な傾向として「子音>母音」となります。

「英語は子音が命」と言われるくらいです。

日本人の英語が日本語っぽく聞こえるのは、英語を話すとき、日本語の「子音<母音」のバランスで話してしまうからです。

日本人が英語っぽく発音するにはまず、このバランスを修正する必要があります。

トレーニングとしては、音読する際に意識的に子音を強く発声するとよいです。

例えば”Soccer”と発音するとき、カタカナで表現すると、

「スーァッカー」

のように子音sを母音ɑに対して強く長く発音するようにします。

子音は敢えて大袈裟に強く発音するとよいです。

トレーニングで大袈裟に発音しておくと、実際に話すときに無意識に強く発声できるようになります。

次回、「子音>母音」をマスターするために、最近、私が自分でやってるトレーニングを紹介しますね。