短期集中講座のご案内

こんにちは。

前回お伝えしたように、コロナをきっかけにオンライン英会話やオンライン英語カフェを始めている人が増えています。

あなたもやってみたいと思っている一方、英語に自信がなくて、二の足を踏んでいらっしゃるかもしれません。

そこで、オンライン英会話を自信を持って臨めるようにするための、短期集中講座(3か月)をご用意いたしました。

ご受講いただくことで、

・ネイティブに通じる発音
・スピーキングの瞬発力

を身に付けることができます。

この2つのスキルを身に付けることで、外国人とのフリートークをストレスなくこなせるようになります。

あなたもご経験の通り、英会話では、

「発音が通じないことで、何度も聞き返される」

「言いたいことが出てこず、会話が前に進まない」

が大きなストレスになります。

このストレスが外国人と話す恐怖感にもつながります。

本講座では、正しい発音、及び、瞬発力養成トレーニングを行い、これらのストレスを一掃いたします。

結果として、オンライン英会話をスムーズにお楽しみいただけるようになります。

レッスン内容は、ざっくり申し上げますと、

「発音の基本を習得し、厳選した300個の英作文をスラスラ言えるようになるまでひたすら音読練習する」

です。

発音に関して、発音記号の種類が多く、苦手という方もいらっしゃると思います。

しかし、英語らしく聞こえるようにするためには、いくつかのポイントを抑えるだけで十分です。レッスンではその根幹部分を練習していきます。

音読に使用する英作文は、日常的に頻出度の高い表現を盛り込んだものです。毎日メルマガでも配信させていだいております。

メルマガで一度読んだ英作文を、レッスンで実際に口に出して練習することにより、確実に記憶に定着させることができます。

結果として、短期間で、正しい発音とスピーキングの瞬発力を身につけていくことができます。

詳細は以下の通りです。

期間:3か月
回数:月4回90分レッスン(計12回18時間)
形式:対面、オンライン両方可能
レッスン内容:
・発音練習
・英作文300個の音読練習
・その他(挨拶、自己紹介、相槌、感情表現の練習など)
・自宅学習あり
前提:中学文法が理解できること
料金:110,000円(税込)

受講後は、オンライン英会話・オンライン英語カフェで、覚えたフレーズをたくさんアウトプットしていってください。

レッスンにより英語の下地が完成されますので、その後の吸収率も高く、上達も早いと思います。

投資効果は極めて高いです。

例えばあなたが会社員なら、レッスン受講後、以下のような未来が待っています。

レッスン受講

オンライン英会話でたくさん話す

人見知り、あがり症克服

対人能力アップ

仕事でプロジェクトリーダーを任される

収入アップ(100万円単位)

ビジネスでの成功は、対人能力なくしてあり得ません。

あがり症のあなただからこそ、英会話を通じて人との親和性を身につけ、ビジネスでの成功を収めていただきたいです。

勿論、ビジネスが全てではありません。英語を通じて、多くの人と交流し、人生を豊かにしていってください。

まずは、体験レッスンにお越しください。
詳細はその中でご説明いたします。

それでは、よろしくお願いいたします。

オンライン英会話の流行

こんにちは。

オンライン英会話が流行っているようです。

DMMやCamblyなどいろいろありますが、最近、ツイッターの投稿を見ていると、予約が取りづらくなったという話をよく聞きます。

テレワークの影響で、在宅時間が長くなり、余った時間で英会話を始めている人が増えているのでしょう。

英語は一人で勉強しているのも楽しいものですが、せっかくなら、このようなアウトプットの場所も有効活用していきたいものです。

これを読んでくださっているあなたは、きっと私と同じ内向的な方なのだろうと勝手に想像しております。

もし、内向的な性格を少しでも外向きに変えたいとお考えでしたら、オンライン英会話を利用して不特定多数の人と話しまくるのも効果があると思います。

実は私、オンライン英会話は経験がなく、完全に出遅れ組なのですが、その代わり、以前、英語カフェに散々通っていた過去があります。
英語カフェのススメ

私の経験からすると、英語カフェで国籍、年齢、職業問わず不特定多数の人と話すことで、確かに性格改善効果がありました。

グループでの会話で積極的に発言できるようになりますし、人の話も聞けるようになります。英語以上に本質的なコミュニケーション能力が磨かれます。ビジネスでも必要な能力です。

それが安価に楽しめるのですからノーリスクハイリターンですよね。

ただ、内向的なあなたのことですから、オンライン英会話を始めたくても、二の足を踏んでいらっしゃるかもしれません。

迷っているうちに、時は過ぎ、周りとの差はどんどん広がっていってしまいます。

でもご安心ください。

今回、そんなあなたのために、特別な短期集中講座をご用意させていただきました。(続く)

練習では大袈裟に

こんにちは。

ストアカセミナーをオンライン対応にしたことで、東京以外の方からも、ポツポツと申し込みが入るようになりました。

全国の英語ファンと交流できるのは嬉しい限りです。

オンラインの不満点としては、音声や画像がスムーズにいかないということでしょうか。

発音のレッスンでは、音声は当然のことながら、画像についても、口の形を確認しないといけないので、滑らかさが重要になります。

現状、レッスンをする上で大きな支障とはなっていないものの、環境や場合によっては、スムーズにいかないこともあり、苦労させられます。早く5Gが普及して欲しいところです。

さて、その口の形に関してですが、レッスンでは極力、口を大きく開けていただくよう、お願いしております。

縦に開くのか、横に開くのか、メリハリをつけることで英語らしさが大きく変わってくるからです。

基本的に、実践では、練習ほどに口を大きく開けることはできません。

それは、実践では、話す内容に意識が集中し、口への意識が向かなくなるからです。

実践で大きく口を開けられるようにするには、それが無意識にできるようになるまで、練習を重ねる必要があります。

何事も、練習でできないものは、実践ではできないと言われますが、発音についても同様なのです。

練習では大袈裟なまでに開けていきましょう。

なお、他人の発音を聞いて、口の開け方が足りないなと感じられるようになったら、それは、あなたの発音が上達した証拠です。

そう感じられないうちは、まだまだ練習不足です。

ストイックに頑張っていきましょう。

音読練習素材

こんにちは。

毎日、音読継続できてますでしょうか。

今日は、無料で手に入る音読練習用の素材を紹介したいと思います。

国際英語発音協会の「EPT発音テスト」というテストがあるのですが、その課題文が音読に丁度良い長さで、皆さんの音読練習に有用です。

テストの趣旨は以下の通り。

「いかに多くの聞き手にとって分かりやすく自然に発話されているかを、個々の発音、リズム、イントネーションなどの側面から多角的に判定します」

3か月に一度実施されるテストで、100点満点で採点されます。

3つの課題文があらかじめここにアップされています。

それぞれ、アメリカ人男性、女性の音声も載っていますので、正しい発音の確認もできます。

文章の内容はごく一般的なものであり、1分程度で読める長さなので、ディクテーションやシャドウイングは勿論、自分の音読を録音して確認するのにも有用です。

個々の単語の発音記号が分からなかったらここで確認しましょう。

ぜひ、日々の音読練習に取り入れてみてください。

YouTubeで発音練習

こんにちは。

皆さん、外出自粛要請の中、いかがお過ごしでしょうか。

私はテレワークにより、通勤時間が2時間ほど、そして体力が温存できるようになったので、YouTubeの撮影にチャレンジしています。

コロナをきっかけにあらゆることのオンライン化が進んでますので、この機会にYouTube始めた人は多いのではないかと思います。

口下手な私にとっては、言葉でわかりやすく説明するのは大変難しいことですが、なんとか(誰も見てないうちに)練習して慣れていければと思っています。

さて、YouTubeに関しては私も英語の勉強のためにいつも見てます。

日本人YouTuberで最も発音が美しいと思うのはYYYOKOOOさんです。

今日も午前中、彼女の動画で発音練習してました。

誰の動画を見るにしても、私がやってることは、以下の通りです。

①まず1回視聴。
②低速(0.75倍)でゆっくりシャドウイング、及びフレーズ確認。
③最後に通常速度でシャドウイング。

シャドウイングは、イントネーション、リズムを真似するようにします。完全に本人になりきって、盗むつもりでやってます。

また、使えそうなフレーズはメモして、ANKIのような暗記用アプリに登録するとよいです。

私の場合、メモしたフレーズは皆さんにシェアできるように、英作文メルマガに登録しています。

ちなみに、YYYOKOOOさんの動画は美容系が多いので女性の方にお勧めです。

あと最近、Gacktさんが発音のレッスン動画を始められたようです。

芸能人で発音メインで解説している人はいないので、これを機に、発音に興味を持つ人が増えることに期待してます。

しかし、便利な時代になったものですね。

私が高校生、大学生の時は、こんなに無料で英語を勉強できる環境はなかったです。

若い世代に負けないように頑張りましょう^^