DeepLを使おう

こんにちは。

仕事でたまに英文を読む機会があります。

以前からよく感じていたことなんですが、なぜ、英文は和文に比べてパッと見、読みづらいのか。

例えば以下の英文と和文を見比べてみてください。

“Today’s cars are equipped with scores of integrated E/E systems that require the assurance of safety at the system level. Functional safety is defined in Part 1 of ISO 26262 as “the absence of unacceptable risk due to hazards caused by malfunctional behavior of electrical and/or electronic systems”. This standard is aimed at reducing to an acceptable level hazards that might cause harm to the driver, passengers or other traffic system users. This is to be accomplished by providing fail-safe mechanisms and other safety functions in the event an E/E system should fail.”

「今日の車は、システムレベルでの安全性の確保を必要とする統合E/Eシステムのスコアが装備されています。機能安全とは、ISO26262の第1部では、「電気・電子システムの誤動作による危険性を許容できないリスクが存在しないこと」と定義されている。この基準は、運転者、同乗者、その他の交通システムの利用者に危害を及ぼす可能性のある危険を許容レベルまで低減することを目的としています。これは、E/Eシステムが故障した場合にフェイルセーフ機構やその他の安全機能を提供することで実現されます。」

パッと見た印象はどうでしょうか?

英文より、和文の方がスッと頭に入ってきませんか?

私は、英文と和文でなぜこのような違いが出るのか、前々から不思議に思っていました。

勿論、母国語が日本語なので、英文より和文の方が読みやすいのは当然なのですが、それ以上に何か他の原因があるのではないかと。

で、最近、謎が解けました。

それは、和文は漢字、カタカナ交じりだからです。

英文はアルファベット一辺倒であるのに対し、和文は、漢字、カタカナ交じりで、意味のまとまりを視覚的に捉えやすい。

特に漢字は少ない文字数で大きな意味を伝えてくれる。

この視覚効果が、和文が英文に比べてパッと見読みやすい理由なのだと思います。(すでに常識でしたらすみません。)

英語がアルファベット26文字で完結するのに対し、日本語はひらがなカタカナだけでなく、大量の漢字を覚えなくてはなりません。

欧米人に比べると、これは大きなハンデのような気がしますが、実は、漢字を覚えることで文章の速読性が上がるという大きなメリットが得られます。

子供の頃の下積みが大人になって速読力として生きるわけです。

以前、私は英文を読むのに自動翻訳機を使うのは邪道だと思っていました。

しかし現在、日本語のこのメリットに気づいてから、惜しみなく自動翻訳機を使っています。

勿論、フルに自動翻訳機に頼るのではなく、まず、いったん和文に翻訳して、パッと見で理解し、そして、訳が不自然な個所を英文で読み直す、という感じです。

このような読み方をすると効率的に読めるようになります。

自動翻訳機の訳の不自然さも、最近はAIの進化により解決しつつあります。

お勧めは、DeepLです。

Google翻訳よりも、ニュアンスの表現に優れており、自然な訳が得られやすいです。

上の例文もDeepLで翻訳したものです。

PCにアプリをインストールしておけば、英文を選択してCtrl-C-Cで手軽に翻訳できます。

ぜひ、仕事で使ってみてください。

私もプライドを捨てて、使いまくっています^^