choppyを直す

こんにちは。

今日は、ストアカにてリンキング・リエゾンのレッスンでした。

40代女性の方。

オンライン英会話で、よく外国人の先生から、話し方がchoppyだと言われるそうです。

choppy、つまり途切れ途切れと言うことですね。

実際、音読を聞かせていただくと、個々の単語の発音は奇麗なのですが、文全体となると棒読み感がありました。

文章に含まれる個々の単語をすべて平等に同じ強さで読んでいるような感じです。

choppyさをなくすには、まずは単語の意味に応じて強弱をつけ、リズム感を出していく必要があります。

例えば、以下の文。

Final Fantasy is one of the most renowned RPGs played internationally.

この文を抑揚を出して読むにはどの単語のトーンを上げればよいでしょうか。

以下の赤字部分を上げていきます。

Final Fantasy is one of the most renowned RPGs played internationally.

固有名詞、数字は必須として、内容を持つ単語、長い単語のアクセント部を上げていきます。

それ以外、例えば

one of the

は弱めに、一瞬で言うこと。

これを他と同様に強調してしまうと、トーンが一定して棒読み感が出てしまいます。

トーンを上げるのは意外と難しいものです。

自分では上げてるつもりでも、外から聞くと上がってないケースが多いです。

私もそうでしたし、今も気を抜くと棒読みになってしまいます。

家での練習では上げることができても、人前になると上げられないという人も多いと思います。

そこは歌を歌うのと同じで、割と殻を破る必要がある部分です。

(本教室ではあがり症克服をテーマにしておりますので、そういったメンタルブロックを外すための抑揚トレーニングは散々やっております。)

そして、抑揚が出てきたら後はリンキング・リエゾンパターンを覚えていきましょう。

先程の文は5か所含まれてます。

①Fantasy の t 脱落 ⇒ ファナシー
②Fantasy is の連結(yのリエゾン)⇒ シー(y)イズ
③one of の連結 ⇒ ワノヴ
④played internationally の連結 ⇒ プレイディン
⑤internationally の t 脱落 ⇒ イナナショナリー

全部見つけられますでしょうか?

パターンを覚えて抑揚に気を付けて繰り返し練習することで、徐々にchoppyさが消えていきます。

なお、リンキング・リエゾンセミナーでは5分類10パターンを厳選した50個の例文を通して練習することができます。

ご興味ありましたら是非ご参加ください。

リンキング・リエゾンを極める