あがり症はなくなるのか

こんにちは。

本英会話教室は、「あがり症克服」というコンセプトで運営しております。

英語は日本語と違って様々な音があり、口や顎を大きく開けて発声する必要があります。

また、リズム感やイントネーションも大きくつける必要があります。

要するに英語の発声は歌を歌う感覚に近いわけで、シャイな方にとっては、なかなか殻を破って思い切って発声することができなかったりするのです。

そこで本教室では、皆さんが思い切って英語を発声できる場所を提供したいということで、ワーワー発声しながら、ストレス解消も含め、皆さんの発音向上のためにトレーニングをさせていただいているわけです。

ただ、このところコロナの影響で、人前で話す機会はすっかりなくなってしまったのではないでしょうか。

私も会社でのミーティングはオンラインが大半になってしまい、周りの顔が見えない状態で話すことが多いです。

顔が見えないと、話すときの緊張の度合いはかなり緩和されると思います。

声が小さくなることはあったとしても、声の震えまでは生じないかもしれません。

このままオンラインでのコミュニケーションが主流になると、「あがり症」という概念もなくなってしまうかもしれませんね。

しかし、人前で話すという機会が奪われてしまいますと、そもそも人前で話すという経験を積むことができなくなるわけで、もしコロナが終息し、いざそのような場に立たされたら、多くの人が戸惑うのではないでしょうか。

つまり、「あがり症」が表面化する機会は減るけれど、潜在的に「あがり症」である人は増えていくものと思います。

まあ、私としては「あがり症」に無関係に、皆さんに思い切って腹筋から英語を発声してもらいたいという思いは変わらず、日本人の発音向上のために力を尽くしていきたいと思います。

コロナの影響でオンライン英会話を始められる方も多いようですし、せっかく英語を話すなら思い切ってカッコよく堂々と、一段上のレベルで話せるようになっていきましょう。

低音の響きを

こんにちは。

毎日の英作文メルマガですが、先日から発音記号の表示位置を変えました。

レッスンをしていて思う課題ですが、いくら発音記号の練習をしたとしても、実際の英文を読むときに、個々の単語の発音記号が分からなければ、正しく発音できなくなってしまいます。

発音記号が分からなくても正しく発音できるように、単語のスペルから発音を類推する手法として、フォニックスという技術があります。

しかし、曖昧な部分も多いため、正確に発音するには、最終的には発音記号を覚える必要があります。

そこで、メルマガでは、英文の真下に発音記号を表示し、目につきやすくしました。

少しでも発音記号を意識し、単語と一緒に発音記号まで覚えていただきたいからです。

奇妙な記号を読むことに抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、コツさえつかんでしまえば簡単です。

私は今では、発音記号で単語を綴れるまでになりました。

さて、今日は最も重要な音として、

/ɜr/

を覚えていただきたいです。

顎はほぼ閉じた状態で、腹筋に力を入れて発声します。

舌は r のときのように奥に引っ込めて先端を巻き上げるようにします。

おへその下3cmの丹田というところを意識して、低音の響きを出していきます。

first /fɜrst/
early /ˈɜrli/
learn /lɜrn/
work /wɜrk/
person /ˈpɜrsən/

練習してみてください。

なお、/ɜr/ にアクセントが置かれない場合は、

/ər/

という表記になります。

over /ˈoʊvər/
answer /ˈænsər/
soccer /ˈsɑkər/

アクセントがなくても、腹筋に力を入れて発声することには変わりありません。

しっかり腹筋に力を入れて、低音の響きを出していきましょう。

くれぐれも顎を大きく開けないように気を付けてください。

参考動画:

ここで紹介されているheard, hurtの音が ɜr になります。
舌はスプーンの形と分かりやすく解説されてますね。

さて、私の近況ですが、今月から客先に常駐勤務となりました。

場所は日本橋です。

昼に定食屋に入ることがあるんですが、現金しか使えない店が多く驚いています。

都心のど真ん中にもかかわらずです。

コンビニでも現金で払っているお客さんがちらほら。

日本は本当にキャッシュレス化後進国ですね。

In Japan, the cashless system is not spreading so much.