無料体験はこちら

ちょっと変わったZoomの利用法

英語

こんにちは。

Zoomで発音練習する方法を紹介します。

発音練習では通常、テキストを読み上げる際に、自分の声をボイスレコーダーに録音し、後で聞き返すといったことをします。

ただ、いちいちボイスレコーダーを操作するのが面倒ですよね。

一回の読み上げにつき、

録音ボタン⇒停止ボタン⇒再生ボタン

と3回もボタン操作しないといけないですからね。

Zoomを使うとその操作が自動でできるようになります。

Zoomの本来の機能というよりは、マイクのテスト機能という、ちょっと裏技的な使い方になります。

手順は以下の通りです。

①まず、Zoomのテストミーティングを起動します。

テストミーティングは以下のサイトから起動できます。

Video Conferencing, Web Conferencing, Webinars, Screen Sharing
Zoom is the leader in modern enterprise video communications, with an easy, reliable cloud platform for video and audio conferencing, chat, and webinars across ...

参加ボタンを押して、テストミーティングに入ります。

②ミーティングに入ったら、画面左下のマイクボタンの横にある△を右クリックし、
「スピーカーとマイクをテストする」を選択します。

③まず、スピーカーのテストになりますので、ここは「はい」でスルーします。

④次に、マイクのテストになります。

ここでボイスレコーダーのように自分の声を確認することができます。

やることは簡単で、何か発声すればよいだけです。

発声が終わったら、自動で再生してくれます。

“How are you today?” と言えば、それに続いて、”How are you today?” と自分の声が再生されます。

ここで好きな英文を読み上げ、自動再生を聞いて、自分の発音を確認します。

操作は以上の通り、簡単に行うことができます。

私は、以下のようにマイクのテスト画面と同時にYouTubeを開き、ネイティブの音声を聞いて、自分でリピートして発音を確認するという練習をやっています。

1つ制限がありまして、このマイクテスト機能、発声を始めてから5秒後くらいで勝手に再生が始まってしまいます。

なので、長文の練習には使えず、5秒以内で話せる単文に限定して使用できます。

長文で練習する場合には、適当なところで区切って練習するとよいですね。

自分の発音の確認は、Windows の標準機能で、ヘッドセットで自分の声が聞こえるように設定して行うこともできます。

ただ、話しながらだと自分の声が邪魔をして、ヘッドホンからの音が聞こえなくなってしまいます。

その場合、上記のマイクテスト機能を使って練習することが有効です。

ボイスレコーダーの操作が不要になりますので、練習が捗りますよ。

是非やってみてください。

※このマイクテスト機能ですが、スマホアプリ版ではなく、PCから使用する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました