無料体験はこちら

/ɑ/, /æ/, /ʌ/

発音のコツ

  • 日本語の「ア」に相当する母音です。
  • 縦に開くか、横に開くかのメリハリをつけることで聞き取りやすい発音になります。
発音記号発音方法
/ɑ/
  • 顎を大きく開け、唇は縦に開きます。
  • 顔面を響かせて明るい音を出します。
/æ/
  • 顎を大きく開け、唇は斜め下に引っ張るように開きます。
  • アとエの中間の音になります。発音記号もaとeが合体した形で分かりやすいですね。
/ʌ/
  • 顎を唇とも少し開きます。
  • 喉の奥を響かせる暗い音になります。

口の開け方のイメージは以下の通りです。

  • /ɑ/は指が縦に2~3本入るくらい口を大きく縦に開けていきましょう。
  • /æ/は発音記号の中で最も大きく口を開ける音になります。最初は抵抗があるかもしれませんが、思い切って横に広げていきましょう。だんだん慣れていきます。

単語で練習

タテヨコのメリハリをつけて発声していきましょう。

#単語発音#単語発音
1onɑn9sorryˈsɑri
2notnɑt10watchwɑʧ
3gotgɑt11wantwɑnt
4badbæd12appleˈæpəl
5afterˈæftər13actuallyˈækʧuəli
6fanfæn14travelˈtrævəl
7upʌp15lovelʌv
8whatwʌt16troubleˈtrʌbəl
  • 単語のスペルに引きずられて”not”を「ノット」、”got”を「ゴット」と発音しがちになりますが、それだとイギリス英語っぽくなってしまいます。柔らかいアメリカ英語としては縦に大きく開いて「ナット」、「ガット」と発音しましょう。スペルの”o”を見たら、口を縦に大きく開いた形だと連想するとよいです。(勿論、例外はあります。)

例文で練習

例文も同様に発声していきましょう。タテヨコのメリハリがつけばつくほど、聞き取りやすい発音になります。

#例文
1That sounds like a lot of fun.
2Summer in Japan is unbearably hot and humid.
3I got sore muscles after carrying a heavy desk.
4Let me take this back and discuss with my boss.
5In Japan, the cashless system is not spreading so much.
6This bag is five hundred dollars. That’s not bad.
7I stayed up till late last night to watch the soccer game.
8I’m not particular about fashion brands
9Please prepare three copies of the contract.
10I got into trouble when I traveled to New York.

 

あがり症克服 英語発音教室
タイトルとURLをコピーしました