【雑記】外資系企業にて

こんにちは。

私はIT系の普通の会社員です。

現在、顧客である東京駅近辺の外資系企業で常駐し、自動運転に関する最先端のプロジェクトに関わっています。

外資系企業ということで、皆さん普通に英語を話されますし、技術的にも優秀です。

よく、隣のセミナールームで英語で議論する声が聞こえてきたり、廊下で外国人と立ち話をされている方を目にします。

英語好きな私にとっては、英語が聞こえてくるたび、仕事で英語が使えて羨ましいなと思ってしまいます。

私は残念ながら、現状、仕事で英語を話す機会がありません。

でも、仕事で英語を使われる方の支援はできると思っています。

もし、仕事で英語を使っているが、発音が聞き取ってもらえない、スムーズに会話できないという方がおられましたら、ご一報いただければと思います。

あなたの英語を聞き返されることのない綺麗な発音に変化させ、瞬時に言いたいことが口から出るようにトレーニングさせていただきます。

せっかくの英語を話す機会を、存分に活かしてください!

【学習法】トップダウンな勉強法を

こんにちは。

体験レッスンに来られた方に、英語のアウトプットの機会を増やすために英語カフェに行くように勧めます。

ただ、反応として、
「もっとベースができてからの方が良いのでは」
と言われることがあります。

英会話初心者ならまだしも、TOEICで700点以上取れるような人からこのような言葉が出てくるのです。

完成してから実践する。

これは英会話で失敗したくない、恥をかきたくないという、日本人ならではの考え方であると思います。

はっきり言って、英会話で石橋を叩きすぎるのは効率が悪いです。

勿論、自宅学習で単語やフレーズをひたすら覚えるボトムアップの勉強はある程度は必要です。

しかし、過剰にやると、使いもしない単語やフレーズを無駄に覚えることになってしまいます。

TOEICで500点も取れるならもう十分です。

それよりもまず、実際に会話をしてみて、言えなかったことがあれば、それを後で復習して言えるようにする。

このようなトップダウンな勉強法の方が効率的です。

なぜなら、一度実践で話した内容は、この先何度も話すことになるからです。会話で躓いたところをクリアにしておくことで、将来同じ内容の会話をスムーズに運べるようになります。

それに英会話では、会話のテンポや相手への配慮など、対面でしか学べない要素がたくさんあります。何より人と話すことは楽しいことです。

人生の時間は限られていますので、 早めにアウトプット主体のトップダウンな勉強法に切り替えていきましょう。

あがり症克服英会話ボイトレ教室

英会話で思い切って声が出せていますか?

英語のスピーチやプレゼンで声が震えたりしませんか?

シャイな方、あがり症の方にとって、英語を発音することはとても緊張することですよね。

私も最初はとても緊張しました。

自信がなくて小声でボソボソ話してしまうんですよね。

でも、思い切って英語を発声すれば、自分の殻を破っていけるんです。

腹式呼吸を徹底すれば声の震えもなくなります。

英語の発声を通じて少しずつ性格をオープンにしていきましょう。

私がお手伝いさせていただきます!

本セミナーではマンツーマンで英語ボイストレーニングを体験できます。

具体的に、

・発声を安定させる腹式呼吸の基本
・声を明るくするミドルボイスの基本
・通じる英語を話すための発音の基本
・瞬発力を高める会話反復トレーニング
・表現力を高める抑揚音読トレーニング
・英語カフェを利用した英会話実践トレーニング法

を学びます。

声出し中心の楽しいレッスンです!

英語を発声する楽しさを味わってください!

 

このような方におすすめです。

・シャイな性格のため英会話で声が小さい方
・あがり症のため英語スピーチ、プレゼンで声が震えてしまう方
・英会話を始めたいが勇気がなく一歩を踏み出せない方
・発音の基礎を学びたい英会話初心者の方
・国際学会で堂々と英語プレゼンができるようになりたい方
・海外留学の前に英語の下地を作っておきたい方
・海外支社とのWeb会議で聞き返されないようにしたい方
・TOEICが高得点のわりにスピーキングが苦手な方