複数の前で頭が真っ白に

こんにちは。

レッスン報告です。

40代女性、TOEIC700点台。

旦那様が外国人の方で日常会話には困っていないが、あがり症であるとのこと。

1対1で話すときはウザがられるくらいおしゃべりなのだそうですが、複数人の前になると頭が真っ白になるとのことです。

仕事は派遣社員で、自己紹介や退職時の挨拶などで、声や表情が震えたりしてしまうそうです。

ただ、最近はマスク着用のおかげで、震えがバレにくく助かっているそうです(笑)

実際に話してみた印象ですが、特にあがり症の方という感じはしませんでした。

複数人の前で話す際に緊張するということは、視線を浴びることに対して過剰に意識してしまうということだと思います。

私も以前は、視線を浴びることで緊張しましたし、声や表情の震えの症状もありました。

でも現状、その症状はかなり治りました。

私が症状を克服した現在、人前に立った時にどういう精神状態でいるかというと、

「自分は優等生でない」
「失敗してもいい」
「失敗したら笑ってごまかせばいい」
「最悪、謝ればいい」

という精神です。

ひとことで言うと、「脱力」の精神です。

なぜ、脱力できるようになったかと言うと、人と話すことを繰り返し練習したからです。

英語カフェに通ったり、ボーカルレッスンを受けてスナックで歌ったり、そういった経験の積み重ねです。

当然のことですが、場数は大事です。

緊張する場面に何度も立たされると、いちいち緊張していられなくなります。

人間は鈍感な生き物ですから、同じことを何度も経験すると何も感じにくくなります。

幸い、その方は、英語カフェに行ったことはあるようでしたので、コロナが落ち着いたら、またそういう場所に通っていただきたいです。

旦那様が外国人と言うことで、周りも興味を持って色々聞いてくれるのではないかと思います。

あがり症克服は一朝一夕にはいきません。

地道に場数を稼いでいってもらいたいです。

P.S
渋谷の宮下公園が新しくなったということで行ってみました。

宮下公園はメインの通りの裏手にあるのですが、私が大学生の時は、Tower Record方面に行くのに、混雑を避けるためによく通っていた思い出があります。

このたび現代風に様変わりしたようで、1F部分は渋谷横丁といって、テラスで飲める居酒屋のようになっていました。密閉空間を避けて飲むにはちょうど良い場所と思います。

3日連続

こんにちは。

本来はオリンピックの開幕で盛り上がるはずだった4連休。

悪天候と外出自粛要請が重なり、想定とは真逆の暗い雰囲気になってしまいました。

それでも、多くの人はステイホームを学習の機会に活かそうと必死です。

この4連休、ストアカのセミナーの申し込みが殺到し、私としては嬉しい忙しさとなりました。

中には、3日連続で受講していただいた方もいらっしゃいます。

40代、会社員男性、TOEIC750点。

これまで、仕事で英語を使う機会は契約書のチェック程度であったが、現状、投融資案件やパートナーシップ契約等が増えてきており、これまでの英語力では対応が難しくなってきたとのこと。

さらに、e-mailでのやり取り、TV会議等への出席も必要となってきたとのこと。

これまでは、社内で英語ができない人というレッテルが張られていたそうで、周りの人に頼っておられたようですが、これからはそうも言ってられなくなったそうです。

最初のうちは会議での発言が難しいとしても、最低限、話の流れについていくことは必要です。

話の流れについていくには、周りの発言を聞き取ることが必要、つまり、リスニング力が必要です。

リスニング力を上げるには、まずは自分が正確に発言できるようになる必要があります。自分で発声できない音は聞いても認識できないからです。

というわけで、3日間、発音の基礎をみっちり指導させていただきました。

90分×3回の合計4.5時間。

今まで、発音の練習をされたことはなかったようで、相当、疲労感の溜まる3日間だったのではと思います。

これがカルチャーショックとなり、今後、英語に対して危機意識を持って取り組んでいかれることを期待しております。

皆様も是非一度ご受講ください。

特に、メルマガ購読していただいて、まだ私と一度も顔を合わせたことのない方、是非ご参加お待ちしております^^

ストアカ「あがり症克服英会話ボイストレーニング」

音読は作業ではない

こんにちは。

レッスン報告です。

ストアカのセミナーに来ていただいた30代女性の方。

夫が外国人で、海外に転勤になるので、自分もある程度話せるようになりたいとのこと。

海外に住めば、英語を話す環境に置かれるので、自然と英語力は身についていくと思います。

それでも、海外に行ってからの吸収力を高めるために、日本にいる間に、ある程度下地を作っておきたいものです。

レッスンを受講してのビフォーアフターを紹介しますね。

最初、会話文を音読してもらいましたが、お経のように棒読みで、速度も速すぎます↓

まずは、声の明るさを出すために、ミドルボイスを意識してもらいました。

ミドルボイスは眉間のあたりを響かせるように発声する方法で、明るい印象を与えることができます↓

すごく明るくなりましたよね。

そして、発音の基礎を一通り練習して、口のフォームや顎の開閉、抑揚間を意識して発声してもらいました↓

最初に比べるとかなりの変化ですよね。

抑揚がつき、最初のような作業感がなくっています。

速度もちょうどよいです。そもそも速いと抑揚はつけられないです。

英語の上達には音読は欠かせないのですが、家で個人で練習している際には、最初の例のように、ただ読むだけの作業になりがちです。

それだと、効果がないどころか、悪い癖もついてしまいます。

毎回、正しい口と顎のフォームで、感情を入れて練習することにより、1回1回の音読の効果を高めることができます。

そして、継続すれば、適切な筋肉がつき、無意識に正しい発声ができるようになっていきます。

この程度の変化であれば、90分のレッスンで実現できますので、是非体験しに来てください。

【レッスン報告】投資はお早めに

こんにちは。

今週末もストアカ経由で体験レッスンさせていただきました。

・歌舞伎町のマッサージ師の方
・表参道のカフェ店員の方
・世田谷の生花教室の方

いずれも共通するのは、最近、外国人のお客さんが増えており、英語での最低限のコミュニケーションが必要になってきているということ。

これからも日本に訪れる外国人は間違いなく増えていきますので、英語ができることで仕事の幅が広がるのは確実です。収入アップにもつながるでしょう。

皆さん20代でしたが、若いうちから英語に対する危機感を持たれるのはよいことです。

英語学習は一つの投資です。始めるのが早ければ早いほど、その後の人生でリターンを享受できる時間が長くなります。

若いうちから時間とお金を惜しみなく投入していきましょう。後で数百倍になって返ってくるはずです。

生花教室の方からは事前に教室で使うフレーズの日本語原稿をいただき、こちらでその英訳を作って、それをベースにレッスンさせていただきました。

生花は美を追求する世界ですので、やはり、花だけでなく、話す英語も美しくありたいものです。美しい発音で指導できることで、生花教室の価値も上がるのではないでしょうか。

また、生花にしても、マッサージにしても、カフェにしても、その世界で使うフレーズは限定的です。まずは自分の対象とする世界の英語をネットで調べて網羅しておくことをお勧めします。

一般的な日常会話を一から積み上げていくよりも、仕事に直結するフレーズをそのまま覚えていく方が効率的です。トップダウンに勉強を進めていきましょう。

皆さんのこれからの活躍に期待しています。

反省会

こんにちは。

先日、10回ほどレッスンを受けていただいた方と、これまでのレッスンの振り返りを行いました。

その方がおっしゃるには、英語というより、継続が難しいとのこと。

私としては、無意識に継続できる仕組みとして英作文メルマガなんかも配信させていただいております。

しかし、超多忙な方で、メールを読むこと自体、意識がそこに持っていかれてしまい、本業への集中が削がれてしまうとのこと。

生活も不規則であり、決まった時間にメールを読むこともできない。自分のライフスタイルに合った継続方法を探す必要がある、とおっしゃっておりました。

英語は緊急性がないもので、できなくても直ちに困るものではないです。なので、やることとしては優先順位が低くなっても致し方ありません。

ただ、いざ必要になった時に、急には身につけられないのも英語の特徴です。

いざというときに困らないようにコツコツ継続する。貯金に似ているかもしれません。

自分の場合はなぜ、英語学習が継続できているかというと、

①英語講師としてスキルアップが必要。

②英語を話せる人が格好いいと思うから、そうなりたいという憧れ。

③会社内では英語に関してトップでありたいという自尊心。

といった理由からです。

要するに、お金とか、モテたいとか、プライドとか、そういうものが根底にあります。(印象が悪くて申し訳ないです。)

嫌な思いもたくさん経験しました。

①英語ができるということで、社長の通訳として、外国人との会議に同席するも、全然話せなかった。

②中国で緊急に英語でセミナーをしないといけなくなるも、準備不足で、生徒さんから普通に、言葉が分からないと言われる。

③英語の会議で、瞬発力がないために、帰国子女の同僚に発言で先を越される。

などなど、二度と味わいたくない屈辱ばかりです。

このような大事な場面でしっかり活躍できるよう、いち早く英語をマスターしたいのです。

いずれにせよ、継続するには、自分なりのモチベーションを見つけるしかないです。
(としか言いようがなくて、申し訳ないです。もしくは英語コーチをつけて、強制的にやらされる)

私もなんとか、英語を好きになってもらえるよう、レッスンを工夫していきます。