あがり症はなくなるのか

こんにちは。

本英会話教室は、「あがり症克服」というコンセプトで運営しております。

英語は日本語と違って様々な音があり、口や顎を大きく開けて発声する必要があります。

また、リズム感やイントネーションも大きくつける必要があります。

要するに英語の発声は歌を歌う感覚に近いわけで、シャイな方にとっては、なかなか殻を破って思い切って発声することができなかったりするのです。

そこで本教室では、皆さんが思い切って英語を発声できる場所を提供したいということで、ワーワー発声しながら、ストレス解消も含め、皆さんの発音向上のためにトレーニングをさせていただいているわけです。

ただ、このところコロナの影響で、人前で話す機会はすっかりなくなってしまったのではないでしょうか。

私も会社でのミーティングはオンラインが大半になってしまい、周りの顔が見えない状態で話すことが多いです。

顔が見えないと、話すときの緊張の度合いはかなり緩和されると思います。

声が小さくなることはあったとしても、声の震えまでは生じないかもしれません。

このままオンラインでのコミュニケーションが主流になると、「あがり症」という概念もなくなってしまうかもしれませんね。

しかし、人前で話すという機会が奪われてしまいますと、そもそも人前で話すという経験を積むことができなくなるわけで、もしコロナが終息し、いざそのような場に立たされたら、多くの人が戸惑うのではないでしょうか。

つまり、「あがり症」が表面化する機会は減るけれど、潜在的に「あがり症」である人は増えていくものと思います。

まあ、私としては「あがり症」に無関係に、皆さんに思い切って腹筋から英語を発声してもらいたいという思いは変わらず、日本人の発音向上のために力を尽くしていきたいと思います。

コロナの影響でオンライン英会話を始められる方も多いようですし、せっかく英語を話すなら思い切ってカッコよく堂々と、一段上のレベルで話せるようになっていきましょう。

反応の早さ

こんにちは。

私はIT系の会社におりますが、他の会社に対して様々な業務を外注したり、様々なソフトウェアのサポートを受けたりもします。

その際に重視するのは、技術力は勿論なんですが、担当者のやる気もしっかり見ています。

何か疑問点が発生したときに、担当者にメールで問い合わせますが、そのリプライが早いかどうか。

これで担当者のやる気を測ることができます。

やはり、リプライが早ければ早いほど、こちらの業務も効率化しますし、何よりも、担当者が親身になってサポートしてくれている気がして、一緒に仕事をしていて気持ちが良いのです。

リプライの早さはこのように信頼構築につながりますし、最終的には金銭メリットにつながります。

私は不動産経営もしておりますが、不動産の買い付けに関してもメールでのやりとりは早いに越したことはないです。

こちらから早くリプライしなければ、その間に物件が他の買主に流れてしまいますし、何よりも早くリプライすることで、こちらの買い付ける意思を示すことができます。

やはり、不動産業者としてはそのようなやる気、つまりは実際にお金を払う気のある投資家と付き合っていきたいと思うのではないでしょうか。

英会話レッスンに関しても、私はこれまで何人も生徒さんを見てきましたが、生徒さんによって、リプライの早さはまちまちです。

それでもやはり、リプライが早い生徒さんの方が継続的に通っていただけるし、実際に早く成長していくように思います。

英会話レッスン以前に、メールのやりとりの時点で、もうその人の英語の将来が見えてしまう感じです。

(まあ、レッスンに関しては私と生徒さんの相性の問題でもありますから、生徒さんにやる気を示していただけない場合は、単純に私に魅力がないというだけなのですが。)

いずれにせよ、リプライの早さは侮れないです。それによって、いつの間にか他人に値踏みされているかもしれません。

テンポよくやり取りして、パッパッと仕事を進めていきたいものです。

時間がないという話

こんにちは。

プロ野球も両リーグの優勝が決まり、CS、日本シリーズを残すのみとなりました。

私は子供の頃は熱狂的な野球ファンでしたが、現在はテレビや動画などで観戦することは、ほぼなくなりました。

野球は1試合3時間も続くので、なかなか見る時間がないのです。

時間があれば、それこそ球場に足を運んでゆっくり観戦したいのですが。

野球だけではありません。

最近は鬼滅の刃が流行っていますし、その前は半沢直樹が流行っていました。

双方、見たい気持ちはあるのですが、映画は2時間拘束されますし、ドラマは1回1時間、合計で10時間ほど拘束されます。

それだけの時間、椅子に座ってぼーっと画面を見ていることが、すごく時間の無駄に感じるのです。

時間がもったいと感じるようになったのは40歳を過ぎてから。(現在42歳)

日本人男性の平均寿命が80歳ほどなので、40歳と言うと人生の折り返しにあたります。

人生の半分を過ぎてから、悪い言い方ですとカウントダウンが始まっているなと感じるようになりました。

残りの人生でどれだけ社会に爪痕を残すことができるか。

そう考えると、野球や映画、ドラマなど、他人の作ったコンテンツで遊ばされている場合ではないなと思うようになりました。

消費者マインドから生産者マインドに切り替わったというのが正しいかもしれません。

私にとっての生産とは、例えば、この英会話教室で一人でも多くの方に堂々と英語を発声できるようになってもらうこと。

また、最近は本業と絡めて少しずつプログラミング教室も始めています。

自分のスキルで社会に影響を与えることが、単にエンターテインメントを消費するよりも格段に楽しいことであると感じます。

私は、これまでの人生でパチンコ、株、FXなど、人一倍多くの時間を無駄にしてきました。

だからこそ、これからは無駄のない人生を生きたいと思うのです。

皆さんは悔いなく自分の時間を生きられていますでしょうか?

P.S
それにしても、早くコロナが落ち着いてほしいですね。

実家に帰れるようになったら、猫とゆっくりとした時間を過ごしたいです。

血を通わせます

こんにちは。

いつも無料英作文メルマガご購読いただきありがとうございます。

本教室は私の副業としてやっておりますので、極力、手間をかけずやりたいということで、メルマガの内容はほぼすべて自動生成しておりました。

メルマガの自動化により、有料レッスンの方も比較的安価に抑えられていると思っています。

ただ、どうしても自動生成ですと、内容が無機質であるというか、血が通っていない感じがして、読んでいて飽きてくる部分もあるのではないかと思いました。

そこで、週1回ですが、多少、私のコメントも添えて皆様にお届けするようにいたします。

内容は英語に限らず、私の近況報告など、思いついたままの簡単なものにします。

(もしかしたら、私の不満のはけ口となるかもしれませんが、ご容赦くださいませ。)

メルマガ、レッスンともに、少しでも魅力的に改善できるようにしていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

英語教員の現状

こんにちは。

最近、ストアカで始めた高校教師向けの発音セミナー。

今週末、早速2名の方にご受講いただきました。

いろいろお話を伺ったところ、教員には、

「学校では教える以外の仕事が多くて、英語ばかりやっていられない」

という現実があるようです。

多くの教師は、日々の業務に追われ、自分の英語力向上に時間をかけられていない。

特に、発音に関しては受験に直接関係がないことから、教師としては教える必要のないこと。

そのため、自身の発音向上は後回しになってしまっているのではないかと思います。

一方で、昨今の教育改革では「英語4技能」の強化が推し進めらています。

これまでの英語教育が、「読む」、「聞く」の2つの技能に限定されていたのが、これからは、「話す」、「書く」ついても要求され、受験にも採用されていく流れとなっています。

また、それに伴い、英語の授業が「All English」化されている学校も出てきているようです。

英語のアウトプットをする上で、発音の教育は大前提として必要となってくるでしょう。

まずは、教師が生徒の模範を示す必要があります。

勿論、ネイティブのような流暢な発音は必要ありません。

高校生にとって聞き取りやすい発音で、ゆっくり丁寧に話すこと。

まずはそこから練習していきましょう。

ストアカ「高校教師のための英語発音ボイストレーニング」