【発音】「子音>母音」をマスターする②

こんにちは。

前回お話ししましたが、日本人が英語を英語っぽく話せるようになるには、子音と母音のバランスを修正する必要があります。

具体的に、日本人は日本語を話す際、「子音<母音」で発声していますが、英語では「子音>母音」で発声する必要があります。

英語だと息の強さも、長さも子音の方が勝ります。

これは下図で説明した通りです。

「子音>母音」をマスターするためのトレーニングとして、今取り組んでいるのが、以下の表を使った発声練習です。

この表は「子音・母音組み合わせ表」と呼んでます。

子音を横に、母音を縦に配置した表で、各マスに子音と母音を組み合わせた音を表示しています。

日本語の五十音表と同じものだと考えてください。

トレーニングとしては、これをそれぞれ順に発声していくだけです。

発声のポイントは、

「子音で力を入れて、母音で抜く」

です。

例えば、「sɑ」と発声する際は、カタカナで表現すると、

「スーァッ」

のように発声します。

子音の「スー」で腹圧をこめて息を強く吐き、母音の「ァッ」で抜く感じです。

メトロノームに合わせて発声するのが効果的です。

最初のtickで「s」、次のtickで「ɑ」です。

それぞれ2回ずつ、リズムよく、

「スーァッ、スーァッ」

と発声していきます。

メトロノームを使うとtickが等間隔なので、子音を母音同等にしっかり伸ばすことができます。

これにより日本語で染みついた「子音<母音」のバランスを「子音>母音」に矯正していくことができます。

英語の発音というと、個々の発音記号に焦点が当たりますが、よりネイティヴに近づけるためには、このように子音と母音のバランスにも意識を向ける必要があります。

その点で、この表は組み合わせを網羅的に練習するのに有効です。

この表を使ったトレーニングは最近レッスンで取り入れ始めました。

私自身も毎日これを使って練習するようにしています。

一通り発声すると腹筋が超疲れますが、少しでもネイティヴに近づくために、ぜひ練習してみてください^^

子音母音組み合わせ表

【発音】ひょっとこを制す②(j(g), ch, sh)

こんにちは。

以前、「ひょっとこを制す」と題して、r, w の発音を取り上げました。

両方とも「ひょっとこ」のように口を突き出して、ためるようにして発音します。

今回、同じ口の形をする音として

j(g) , ch, sh

の3つを紹介します。

発音記号としてはそれぞれ、

ʤ, ʧ, ʃ

に対応します。

これらは腹筋から息を強く吐き、口先を鋭く鳴らすのがポイントです。

単語の例は以下の通りです。

j(g) : Japan, just, enjoy, general
ch : child, check, lunch
sh : she, wash, finish

Japan, justなどは日本語化しているので、普通に「ジャパン」、「ジャスト」と言ってしまう方が多いです。

でも、j(g) は日本語の「ジ」と違って、 腹筋と口先に力を入れて鋭く発声します。

ch, shについても同様です。

普通に日本語の「チ」、「シ」と同じ発音をしてしまいがちですが、英語では、口先を突き出します。

口を突き出すかどうかで、聞こえ方が全然変わってきます。

簡単な音のようで、ちゃんとできている日本人はほとんどいません。

ひょっとこをマスターして、よりネイティブに近い発音を目指していきましょう。

【発音】発音は熟成するもの

こんにちは。

私は英会話講師をやってますが、私自身、英語発音のレッスンを2年以上受けています。

夏休みで時間があるので、過去に自分が受けたレッスンを録音したものを1つずつ聞き返しています。

2年前の自分の発音を聞いてみて思うことは、率直に下手くそだなぁということです。

声のトーンは暗く、発音も口の開閉が小さく、モヤモヤして聞こえます。

当時、発音に関しては独学で覚え、国際学会での発表も何度もこなしていたので、それなりに自信がありました。

しかし、現時点からすると、そのように考えていた自分がすごく恥ずかしいです。

発音だけは独学では限界があります。

読み書きに関しては、分からなければ辞書やネットで調べれば良いです。

しかし、発音に関しては自分では間違いに気づけません。

いちいち指摘してくれる人もいません。

必ず、できる人に見てもらう必要があります。

また、継続も重要です。

発音の仕方自体は数時間のセミナーで習うことができます。

多くの人はそれで発音のことが分かった気になります。

しかし、それを身につけるには何度も反復して筋肉を発達させる必要があります。

発音は長い年月をかけて熟成していくものです。

逆に言うと、自分では日々の進歩は感じにくい。

もし、発音を練習されておられるなら、定期的に録音されることをお勧めします。

後で聞き返したときに、確かに進歩していることを認識することができます。

それが継続することへの確信にもつながります。

そんなわけで、発音を身につけるには、

①できる人に見てもらうこと
②録音しながら継続すること

この2つ覚えておいてください。

【発音】アの区別③(頻出単語を抑える)

こんにちは。

またまたアの発音の話です。

アの3種類の音 ɑ, æ, ʌ を明確に区別して発音することは、カタカナ英語から脱却し、英語らしい発音に近づくために必須です。

そのためには、単語の発音記号をこまめに調べることが必要です。

出会う単語すべてについて、発音記号を調べるのは億劫に感じるかもしれません。

その場合は、頻繁に出現する単語だけでも調べておくとよいです。

例えば、頻繁に出現する単語として以下の単語群があります。

that, not, on, what, want, have, got, at, of, and, but, just, can

これらが ɑ, æ, ʌ のどれに該当するか分かりますでしょうか?

体験レッスンでは毎回これをお聞きするのですが、正確に答えられた方はいません。

みなさん、割と適当に発音しておられるのだと思います。

正解は以下の通りです。

ɑ:not, on, want, got

æ:that, have, at, and, can

ʌ:but, of, what, just

(注:早く読むとəになるものがあります)

これらの単語は文中に多く含まれるだけに、正しく発音できるかどうかで、話す英語の聞こえ方が変わってきます。

これら以外にも頻出すると思える単語については、発音記号を調べ、3つのアの音を正確に区別できるようにしておくとよいです。

そうすると、文章を読んだときに、全体として英語らしく聞こえるようになります。

みんなが適当に発音している単語だからこそ、正確に発音できるようにすることで、周りと差をつけられるようになるのです。

【発音】アの区別②(トレーニング)

こんにちは。

前回、アの音の区別について説明しました。

ɑ:縦に開く

æ:横に開く

ʌ:少し開く

一般の日本人はこれらの音は区別せずに、すべて日本語のアと発音します。

でも、せっかく英語学習されるのなら明確にこれらの音を区別していきましょう。

トレーニング法は単純。

縦横真ん中を意識してひたすら音読するだけです。

そのとき、顎、口は大きく動かしていきましょう。

例えば以下の文。

I have a ticket to the soccer match on Sunday night.

アの区別できますでしょうか?

分からなければ発音記号調べてください。

ɑ:soccer, on

æ:have, match

ʌ:Sunday

ですね。

さらに、2重母音

aɪ: I, night

もɑと同じ縦に開くアになります。

よって、上の文は以下のイメージになります。

 

矢印に合わせて大きく口、顎を動かしていきます。

何度もやってるとだんだん口が馴染んできて、瞬時に切り替えられるようになっていきます。

カタカナ英語から脱却し、美しい発音を目指すなら、アを正確に区別できることは必須です。

また、アの区別ができるようになるとリスニングの精度もあがっていきます。

ネイティブの発音に少しでも近づくために、ぜひマスターしましょう^^