【発音】「子音>母音」をマスターする②

こんにちは。

前回お話ししましたが、日本人が英語を英語っぽく話せるようになるには、子音と母音のバランスを修正する必要があります。

具体的に、日本人は日本語を話す際、「子音<母音」で発声していますが、英語では「子音>母音」で発声する必要があります。

英語だと息の強さも、長さも子音の方が勝ります。

これは下図で説明した通りです。

「子音>母音」をマスターするためのトレーニングとして、今取り組んでいるのが、以下の表を使った発声練習です。

この表は「子音・母音組み合わせ表」と呼んでます。

子音を横に、母音を縦に配置した表で、各マスに子音と母音を組み合わせた音を表示しています。

日本語の五十音表と同じものだと考えてください。

トレーニングとしては、これをそれぞれ順に発声していくだけです。

発声のポイントは、

「子音で力を入れて、母音で抜く」

です。

例えば、「sɑ」と発声する際は、カタカナで表現すると、

「スーァッ」

のように発声します。

子音の「スー」で腹圧をこめて息を強く吐き、母音の「ァッ」で抜く感じです。

メトロノームに合わせて発声するのが効果的です。

最初のtickで「s」、次のtickで「ɑ」です。

それぞれ2回ずつ、リズムよく、

「スーァッ、スーァッ」

と発声していきます。

メトロノームを使うとtickが等間隔なので、子音を母音同等にしっかり伸ばすことができます。

これにより日本語で染みついた「子音<母音」のバランスを「子音>母音」に矯正していくことができます。

英語の発音というと、個々の発音記号に焦点が当たりますが、よりネイティヴに近づけるためには、このように子音と母音のバランスにも意識を向ける必要があります。

その点で、この表は組み合わせを網羅的に練習するのに有効です。

この表を使ったトレーニングは最近レッスンで取り入れ始めました。

私自身も毎日これを使って練習するようにしています。

一通り発声すると腹筋が超疲れますが、少しでもネイティヴに近づくために、ぜひ練習してみてください^^

子音母音組み合わせ表

【発音】「子音>母音」をマスターする①

こんにちは。

日本人の英語が日本語っぽく聞こえる原因の1つに子音と母音のバランスがあります。

例えば日本語の「サ」は子音sと母音aからなります。

「サ」と発音するとき、強さにしても、長さにしても、母音の方が若干勝つような形になります。(図左)

一方、英語ではそのバランスは逆転します。

同じく英語で「サ」、例えばsɑと発音するとき、子音sが母音ɑに対して、強さ、長さともに勝ります。(図右)

英語の場合、母音にも強いものや伸ばすものが存在するので、一概には言えませんが、全体的な傾向として「子音>母音」となります。

「英語は子音が命」と言われるくらいです。

日本人の英語が日本語っぽく聞こえるのは、英語を話すとき、日本語の「子音<母音」のバランスで話してしまうからです。

日本人が英語っぽく発音するにはまず、このバランスを修正する必要があります。

トレーニングとしては、音読する際に意識的に子音を強く発声するとよいです。

例えば”Soccer”と発音するとき、カタカナで表現すると、

「スーァッカー」

のように子音sを母音ɑに対して強く長く発音するようにします。

子音は敢えて大袈裟に強く発音するとよいです。

トレーニングで大袈裟に発音しておくと、実際に話すときに無意識に強く発声できるようになります。

次回、「子音>母音」をマスターするために、最近、私が自分でやってるトレーニングを紹介しますね。

【英語学習法】ディクテーションの効果

こんにちは。

英語勉強法について。

私が最も熱心に英語を勉強していたのは大学時代なのですが、そのときの勉強法を紹介したいと思います。

メインで使ってたのは、CNN ENGLISH EXPRESSという月刊誌です。

ニュースやインタビューの記事がたくさん詰まっており、広告も少なく、大変読みやすい雑誌です。

私がやってたのはディクテーションを主体とした勉強です。

各記事について以下のことをやってました。

①CDの音声を聞く。
②音声をディクテーション。
③テキストの原稿と比較して答え合わせ。
④英文の意味を確認。
⑤単語をノートに1行ずつ書いて覚える。
⑥原稿の音読。

ディクテーションとは、聞いた音声をそのままノートに書き出す練習法です。

ディクテーションは特にリスニング力を上げるのに効果的です。

ただ音声だけを聞いていても、聞き取れた気になってしまいがちになるのですが、実際に書き出してみることで、聞き取れていない箇所が如実に分かるようになります。

書き出した原稿を読んでみて、その記事の内容が理解できれば、ちゃんと聞き取れているということになります。

しかし、最初のうちは聞き取れない箇所が多く、書き出した原稿が虫食いだらけになるので、なかなか内容把握には至らないと思います。

聞き取れなかった部分は、CDを巻き戻して、しつこく繰り返し聞きます。

聞き取れない理由としては、知らない単語であるか、知っていたとしても速すぎて聞き取れない場合のどちらかです。

知らない単語については、ノートに1行ずつ書いて、コツコツ覚えていきます(ただし、人名や地名など、覚える必要のないものはスルー)。

速すぎて聞き取れない場合は、音読でスピードに慣れる練習をします。

原稿を見ながら一緒に音読するオーバーラッピング、あるいは原稿を見ないで音読するシャドウイングが効果的です。

CDは通勤時に車を運転しながら聞いたり、寝るときに布団の中で聞いたりしていました。(そうするとすぐに眠れます^^)

このような作業を2年間くらい毎日継続しました。

結果として、どんな変化が起きたかというと、聞いた英語が頭の中でアルファベットとしてくっきり浮かぶようになりました。

英語が「聞き取れる」を通り越して、「見える」ようになったのです。

これは、日本語を聞いたとき、頭の中で漢字やひらがな交じりの日本語の文章が脳内に浮かぶと思いますが、それと同じ現象です。

つまり、言語が脳に定着したということです。

最初のうちは、英語を聞いてもモヤモヤとした感じでしか聞こえず、フラストレーションが溜まると思います。

しかし、ディクテーションを継続すると、聞く集中力が磨かれていき、次第に音声がクリアに聞こえるようになっていきます。

そして、いつの日か霧が晴れたような感覚になります。

あなたも是非ディクテーションにチャレンジしてみてください。

そして、英語が見える爽快感を味わってください。

なお、月刊誌を使うことは勉強を継続する上で有効です。

毎月、1冊消化するには一定のペースで勉強しなければなりませんし、旬の情報を通して勉強できるので、飽きずに継続することができます。

【レッスン報告】通訳ガイドに向けて

こんにちは。

レッスン報告です。

外国人観光客向けのバスガイドの方。

現在はバス内での簡単な案内が中心ということですが、将来的に通訳ガイドとして、観光地の案内ができるようになりたいとのことです。

子供の頃にいじめられた過去があり、それがトラウマになって、人と関わるのが苦手。

しかし、英語を学んだことがきっかけで、外国人とのコミュニケーションに目覚め、英語を話しているときは過去のトラウマを忘れ、別人格になれるとのことです。

英語を話しているときは別人格になれるというのは、よくあることと思います。

私も、日本語を話してるときは割と自信なさげになってしまうのですが、英語だと堂々としていられます。

外国人としての自分が目覚めるような感じでしょうか。

二重人格性に目覚めさせてくれるのは、英語の面白いところと思います。

さて、この方は、英語を仕事にするくらいなので、基礎がしっかりとできており、発音もポイントを説明しただけですぐに実践できておられました。

課題としては、通る声を作るということでしょうか。

通訳ガイドとして、人混みの中で周囲に通る声を出すには、普段よりワントーン高い声を出せる必要があります。

高いキーを出してもらうと、声がブレる感じになっていたので、安定して出せるように練習が必要です。

レッスンでは、眉間を響かせ、放物線を描くように発声する方法(ミドルボイス)を練習させていただきました。

人前で普段出したことのない高い声を出すのは、最初は誰でも緊張するものです。

でも何度もやっていると、普通に慣れていきます。性格的にも殻が破れ、オープンになっていきます。

英語とともに声を磨き、通訳ガイドの夢を実現していってもらいたいです。

【レッスン報告】プレゼン練習

こんにちは。

先日、プレゼンの練習を指導させていただきました。

医学部の方で、ベトナムにて研究発表があるとのことです。

もともと英語ができる方で、発表を聞かせていただいても、流暢で、気持ちがこもっており、うまいなぁという印象です。

各スライド、淡々と説明しておられたので、強調したいスライド、およびメッセージが、若干、はっきりしなかったという点だけ、指摘させていただきました。

10分という短時間の発表ですが、私のところに練習しに来ていただいて、ありがたく思います。

英語プレゼンの機会は頻繁にあるものではないですが、1つ1つの機会を大事にされる姿勢は素晴らしいです。

なお、私はIT系なので、他分野に関して踏み込んだコメントはできません。

それでも、よい発表というのは、スライドの構成が論理的であり、初心者にとってもストーリーが分かりやすくあるものです。

英語を話すことに自信がない方は、まずは、セリフを聞かなくても、スライドを見れば内容が分かる程度に、スライドをきっちり作られることをお勧めします。

そのあたりのスライドの作り方に関しては、私は大学および会社にて散々経験がありますので、他分野であってもアドバイスすることができます。

プレゼン練習では以下の指導をさせていただきます。

①スライド作成補助
②セリフ作成補助
③想定質問の練習
④発音チェック

貴重な英語プレゼンという場を最大限に活かせるよう、精一杯アドバイスさせていただきます。