バランス調整

こんにちは。

先日、NY在住の方(日本人)に発音レッスンをする機会がありました。

大学在学中で、発表でうまく話せるようになりたいとのこと。

実際に、発音を聞いてみると、さすがNY在住だけあって、個々の音はしっかりと出せておられました。

本人は発音記号はあまり理解していないということだったのですが、やはり、ネイティブ圏で生活していると、自然と音は定着していくのでしょう。

その方の発音の課題としては、母音が大きくなってしまうという点がありました。

日本語は子音より母音の方が大きい言語であり、日本語と同様に英語を話してしまうと、アメリカ人にとっては聞き取りにくい英語になってしまいます。

英語では子音と母音のバランスを逆にする必要があります。

日本語の子音と母音のバランスが3:7だとしたら、英語は7:3で子音を大きくします。

子音を大きく発声するには、単語の出だしで息を強く吐く必要があります。

腹筋から瞬発的に強く息を吐いて、口先にあてるイメージです。

そして、息を強く吐いた後は、添えるようにして母音を軽く出す。

子音で押して母音で引くイメージです。

英語らしく話すには、発音記号も大事なのですが、このような子音と母音のバランス調整も大事になります。

子音を強調する練習としてはサシスセソの練習が効果的です。

日本語だと普通にサシスセソですが、英語っぽく発音すると、

スーァッ、スーィッ、スーゥッ、スーェッ、スーォッ

のように発音します。

出だしのスーのところで腹筋から瞬発的に息を吐いて、その後の母音は小声で添えるだけです。

これは/s/の発音の練習ですが、それ以外の子音についても同様です。

ちなみにこの発声法は、いつもレッスンの最初にウォーミングアップとしてやってる練習です。

この練習を日常的に繰り返すことで、子音を強調する癖がついていきます。

一通りやり方教えますので是非体験レッスンにお越しくださいませ。

さて、このNY在住の方、非常にテンションの高い方でした。

やはり、世界の中心、バイタリティに溢れる場所に住むとハイテンションになれるのでしょうか。

もしくは、テンションの高い性格だからこそ、そういう場所に惹かれるのでしょうか。

「住む場所で人は成長できるのか」は私の関心事の一つです。

私自身、もともとテンションが低い性格で、テンションを上げたくて都心部に引っ越してきた経緯があります。

私自身、人体実験として、「住む場所で人は成長できるのか」を検証していきたいと思っています。

怒涛の150分

こんにちは。

ストアカの「英語発音リンキング・リエゾンセミナー」ですが、好評をいただいております。

このセミナーですが、英語発音の中級レベルを想定したセミナーになっております。

もちろん、初心者の方でも、英語の音の変化を実際に口にして楽しんでもらえるような内容にしてます。

リンキング以前に基本的な発音が疎かになっている場合は、発音記号の基礎も含めて指導させていただきます。

そのため、セミナー時間が当初の90分より押してしまうケースがほとんどです。

先日は、高校の非常勤講師をされている女性の方に受講していただきました。

夫が海外勤務経験があり、娘さんも英語ができるそうで、家族から発音のダメ出しを受けているとのこと。

英語で人前に立つお仕事であることから、自信を持って発音できるようになってもらいたい。

その思いから、私の指導にも熱が入ってしまい、1時間押しの150分もレッスンしてしまいました(汗)

2時間半、声を出しっぱなしのレッスンによく耐えていただきました。引き続き練習して、ご家族を見返せるようになっていただきたいです。

リンキング・リエゾンはいくつかパターンがありますが、知っておいて損はありません。特にネイティヴの英語を聞き取るためには必須の知識です。

まだ受講されていない方は是非、セミナーでお会いしましょう。

【中級】英語発音リンキング・リエゾンセミナー
【初級】あがり症克服英会話ボイストレーニング
短期集中講座

アベノマスクについて

こんにちは。

アベノマスクの配布がようやく終了したようです。

しかし、電車に乗っても、着けている人はほとんど見かけません。

一方で、ユニクロのエアリズムマスクには行列で密集ができる有様です。

大きな矛盾ですよね。

もはや、マスクはファッションの一部となり、実際のところ、人々はもうコロナは恐れてないのかもしれません。

カラオケ解禁

こんにちは。

私は今週は出勤しないといけないので、体力的にキツイです。

私は断然、テレワーク派です。

さて、カラオケが解禁されましたので、本日、仕事帰りに行ってきました。

もちろん、ボイトレという名の1人カラオケです。

英語を話すには、腹筋から発声する必要があります。

癖をつけるためにも、定期的な発声練習が必要です。

カラオケは楽しみながら、腹式発声が鍛えられるので、オススメです。

自分も気づかないうちに声量がアップしていきます。

コロナに気をつけながら、徐々に通っていきたいと思います。

発声の違い

こんにちは。

私は現在、日本語と英語の両方のボイトレを受けていますが、日本語と英語の発声法は根本的に異なるということが分かりました。

違いは大きく2点あります。

1つは声の高さ。

状況にもよるのですが、基本的に、

日本語は「眉間を響かせた、明るく高めの声」が望まれるのに対し、

英語は、「胸やお腹を響かせた低めの声」が望まれます。

もう1つは子音と母音のバランス。

日本語は、「子音の発声は一瞬で、その後に続く母音をしっかり発声」するのに対し、

英語は、「出だしの子音を強調し、母音はその後に添えるように発声」します。

日本語と英語の両方のボイトレを受けていると、レッスンの中でそれらが混同してしまうことがあります。

例えば、英語のレッスンで明るい声を出そうと思って高めの声で発声していると、

「上からしか聞こえてきません」
「お腹を響かせてください」

と言われたり、

逆に、日本語のレッスンで、英語の癖で子音に力が入り、

「ラ行が巻き舌になっています」
「口を素早く開いてください」

と言われたりします。

切り替えが難しいです。

どちらも器用にできる運動神経があればよいのですが、私の場合、どちらかを鍛えることで、もう一方に悪影響が出てしまうようです。

日本語はもともと滑舌が悪く、それを直すためにレッスンを受けてましたが、そろそろ見切りをつけようかと思っています。

日本語のレッスンは回数を減らし、浮いた時間とお金を英語に投資する。

短所を改善するより、長所を伸ばしていきたいです。

いずれにせよ、英語の発声は「響きの位置」と「子音・母音のバランス」という点で、日本語と根本的に異なるということを覚えておいてください。

そして、英語を話すときは「腹筋に力を入れて、口先から強く子音を発声する」を意識してください。

P.S 週末いかがお過ごしでしょうか?私は、街中を散歩して、銀だこハイボール酒場で焼きそばとレモンサワーをいただくという、なんとも平凡な休日を過ごしてしまいました。これから梅雨に入ってくると思うと憂鬱ですね。