発音記号は覚えるべきか

こんにちは。

「発音記号は覚えるべきか」について。

結論としては、Yesです。

英語学習者なら誰もが美しい発音で話せるようになりたいと思うものです。

しかし、多くの人が挫折するのが、発音記号の習得です。

æ, ʤ, ʊ, ər, …

こんな奇妙な記号を見せられたら誰でも抵抗を感じてしまいます。

発音記号を使わない発音習得法として「フォニックス」というものがあります。

フォニックスでは、単語のスペルに基づいて、「こういうスペルだったらこう発音する」というルールが定義されています。(例えば、cの後に e,i,yが来たら、sの発音をする等)

英語講師の中でも、初心者向けにレッスンされている方は、フォニックスを採用されている方が多いようです。

ただ、フォニックスの難点は、ルールの数が多い(発音記号より多い)のと、ルールでは正確な発音が分からないケースが多々ある(例えば、thのスペルが、θ, ð のどちらなのかは判別できない)という点です。

ですので、中・上級を目指す方は、最初から発音記号を覚えるのが早いかと思います。

発音記号を一通り覚えておけば、単語の発音記号を確認するだけで、それがどう発音するのかが正確に分かります。

音楽に例えると、英文が「歌詞」だとしたら、発音記号は「音譜」です。

音譜を知らなければ美しく演奏できないのと同様、発音記号を知らなければ美しく話すことはできないです。

本教室では、フォニックスではなく、発音記号をベースに発音を教えています。

とはいっても、最初は日本語っぽい英語から脱却し、ネイティブに近づけるための最低限のコツから入っていきますので、ご安心ください。

発音記号をマスターし、「美しくエレガントに」話せるように一緒にトレーニングしていきましょう。

ご興味がありましたらぜひご受講ください。

【発音】「子音>母音」をマスターする①

こんにちは。

日本人の英語が日本語っぽく聞こえる原因の1つに子音と母音のバランスがあります。

例えば日本語の「サ」は子音sと母音aからなります。

「サ」と発音するとき、強さにしても、長さにしても、母音の方が若干勝つような形になります。(図左)

一方、英語ではそのバランスは逆転します。

同じく英語で「サ」、例えばsɑと発音するとき、子音sが母音ɑに対して、強さ、長さともに勝ります。(図右)

英語の場合、母音にも強いものや伸ばすものが存在するので、一概には言えませんが、全体的な傾向として「子音>母音」となります。

「英語は子音が命」と言われるくらいです。

日本人の英語が日本語っぽく聞こえるのは、英語を話すとき、日本語の「子音<母音」のバランスで話してしまうからです。

日本人が英語っぽく発音するにはまず、このバランスを修正する必要があります。

トレーニングとしては、音読する際に意識的に子音を強く発声するとよいです。

例えば”Soccer”と発音するとき、カタカナで表現すると、

「スーァッカー」

のように子音sを母音ɑに対して強く長く発音するようにします。

子音は敢えて大袈裟に強く発音するとよいです。

トレーニングで大袈裟に発音しておくと、実際に話すときに無意識に強く発声できるようになります。

次回、「子音>母音」をマスターするために、最近、私が自分でやってるトレーニングを紹介しますね。

【無料】「言いたいことが言えるようになる」英作文メルマガ始めました

こんにちは、お知らせです。

無料英作文メルマガ始めました。

内容はとてもシンプルです。

1日2回送信。

毎朝、いくつかの英作文問題をお届けします。

そして、英訳回答例を夕方にお届けします。

使い方としては、まず、朝、メールを受け取ったら、通勤時間に頭の中で英訳してみてください。

そして、夕方、回答例を受け取ったら、帰りの電車で、あるいは夜ベッドに寝ながら、各文5回ずつ音読してください。

効果的に音読していただけるよう、英文を発音記号付きで送ります。

詳細、お申し込みはこちらをご覧ください↓

無料英作文メルマガ

【フレーズ】What brought you to Japan?

こんにちは。

日本に住んでる外国人に聞いてしまいがちな質問として、

Why did you come to Japan?

があると思います。

私も英語カフェ等で何度か外国人スタッフに聞いたことがあります。

なぜ日本に住んでるのかは誰もが気になるところですよね。

ただ、この言い方は聞かれた方にとってはあまりいい気分がしないようで、何か問い詰められているような気になるらしいです。

代わりに丁寧な言い方として、

What brought you to Japan?

があります。

直訳すれば、「何があなたをここに連れて来たのですか?」ということですが、What で物に焦点を当てることにより、Why で直接理由を聞くよりも表現が柔らかくなるようです。

旅行者と言うよりは、長期で住んでるような外国人に対して使う表現です。

外国人に対して聞きがちな質問だけに、おもてなし英語の一つとして覚えておきたい表現です。