【あがり症克服】初体験

こんにちは。

先日、町田のThe Play Houseというライブハウスで開催されたオープンマイクに参加しました。

オープンマイクは一般の人でも、ライブハウスのステージで歌えるイベントです。プロの方がギターやピアノで伴奏してくれます。

歌はあがり症克服の一環として、発声強化とメンタル強化ために取り組んでいます。

ライブハウスで歌うのは、私にとっては初体験だったので、めちゃ緊張しました。

これまで、人前に立つことに関しては、研究発表では何度も経験していましたが、このようなエンターテインメントの場で人前に立つのは初めて。

研究発表では、ぶっちゃけ不愛想な顔をしてても問題ない(そのような人が多い)のですが、音楽ライブは、素人と言えども聴衆を楽しませる場であり、ブスっとしていると盛り下げてしまう可能性があります。

その点で、ステージに立った時点で歌う前から変なプレッシャーに見舞われ、表情が硬直してしまいました。聴衆の視線も気になり、目線のやり場に困りました。今まで味わったことのない緊張です。

歌自体はなんとか無難にこなせましたが、他の出演者のパフォーマンスに比べるとまだ殻を破れてないなという印象です。みなさん、全身を使って歌っておられます。

経験者によると、このようなステージでうまく歌えるようになると、中毒になるらしいです。私も早くその境地にたどり着きたいので、今後も、このようなイベントに積極的に参加していく予定です。

あがり症克服という観点では、歌は超お勧めです。発声強化とメンタル強化が同時に磨かれるので、克服の近道であると思っています。

イベントへの出演については、歌のボーカルスクールに通うのがお勧めです。定期的にイベントの案内があり、講師からオープンマイクへの出演にも誘われるようになります。

もちろん、スクールに通わなくてもイベントには参加できますが、あがり症の方にとっては、歌の発声技術をプロに一から教えてもらい、ある程度自信をつけてからの方が、安心して参加できると思います。

↓このような場所で歌いました。聴衆は20人ほどで、歌った曲はクリスハートのI Love You。どバラードなので、感情の平坦な私にとってはよい練習曲です。講師からは「顔で歌え」と言われていましたが、残念ながら、顔は硬直していたかもしれません^^(ギターは講師の諸星貴之さん)

【あがり症克服】聞く余裕

こんにちは。

自己紹介や、スピーチ、プレゼンなどでは、順番が回ってくるまでの時間が緊張しますよね。

順番が回ってくるまで、自分が言うことを考えるのに一生懸命で、他の人の話が一切耳に入ってこない。

他の人が何か面白いことを言っていても、聞いてないから笑えない。

あがり症の方にはよくあることと思います。

しかし、こういうときこそ、他人の話を聞く余裕を持って欲しいです。

緊張していて、他人の話がなかなか耳に入ってこないのはよく分かります。

そこを敢えて、練習だと思って他人の話に集中するのです。

あがり症の原因の一つは自意識過剰な心理から生まれます。

他人の話を聞くと言うことは、自分から意識をそらすよいチャンスです。

話を聞いている間、その人への質問を考えるのも良いと思います。

他人の話を楽しむ余裕ができるようになることが、あがり症克服の第一歩です。

なお、話を聞いている間、自分の言うことは一時的に忘れてしまっても構いません。

自分が話すときに、思い出しながら話すので、それが自然な口調につながったりもします。

次回スピーチの機会があれば、聞く方にも意識を向けてみてください!

【あがり症克服】英語カフェの利用

こんにちは。

私のあがり症克服法について。

私は子供の頃からあまり人と関わってきませんでしたが、それが原因であがり症になってしまったと思っています。

それを克服するために、人と話す機会をたくさん持つようにしています。

その場所の一つが、英語カフェです。

英語カフェは、不特定多数の人と話すには絶好の場所です。

初対面のケースが多いので、挨拶の練習がたくさんできますし、会話に割り込んでいく積極性も身につきます。

普段、接点のないような職業や年齢の方々と話せますので、色々学びがあります。

一時期、休日は必ず英語カフェに行くという、ヘビーユーザーでした。

人と関わらない人間が、英語というコミュニケーションツールが好きというのは矛盾する話です。

でも、英語のおかげで、そういった場所に足を運び、人との親和性を磨くことができたのは大きな収穫です。

人と話す機会を増やし、人との親和性を高め、あがり症を克服する。

そのためのツールとして英語はもってこいです。

あなたも是非トライされてみてはいかがでしょう?

【あがり症克服】あがり症の原因

こんにちは。

あがり症の原因について。

私は今でこそあがり症をかなり克服できたと思っているのですが、そもそも子供の頃からなぜあがり症だったのか。

あがり症になったのは無口であることと関係していると思ってます。

私は子供の頃から無口で大人しい性格でした。

無口な人間にとっては、人と話すことは特別なことです。

大勢の人前で話すなんてことは、常軌を逸したことなのです。

普段人と交流しないので、目立たず、存在感がない。

そのような人間が人前に立った時、人に見られている意識を強く感じてしまいます。

人の目線に対して恐怖を感じ、震えてしまうのだと思います。

一般的には、あがり症の原因は人それぞれのようです。

小さい頃から人と関わってこなかったケース、容姿にコンプレックスがあるケース、家庭環境が恵まれなかったケースなどがあるようです。

私のように、人と関わってこなかったケースは、意図的に人と接する機会を多くすることで克服できます。

しかし、容姿が原因である場合は対処が難しそうです。容姿はなかなか変えられませんから。

あがり症の克服は、人それぞれ異なるアプローチが必要なところが難しいところです。

【あがり症克服】あがり症を認識

こんにちは。

あなたは、自分があがり症だと認識したのはいつでしょうか?

私は、あがり症の前に、声に対するコンプレックスを持ちました。

小学2年生の時です。

クラスごとにひとりずつ自己紹介のビデオが撮られ、給食の時間に全校放送されました。

私は自分の自己紹介を見て愕然としました。

声が小さく、トロい。

モヤモヤしてて何言ってるか分からない。

頭がフラフラと横に揺れ、落ち着きがない。

この時から、自分の声はダメな声と認識するようになり、人前で話すことが怖くなりました。

喋り方がトロいので、よく真似をされました。真似されるたびに心を痛めていた記憶があります。

そして、あがり症を認識したのは高校生のとき。

1人ずつ前に出てスピーチをする機会があったのですが、声が震え、笑った時も頬のあたりが痙攣しました。

なんで自分はこんなに震えるのか、弱い自分に失望しました。

それ以来、あがり症は常に私の意識の片隅にあります。ある程度克服できた今もなおです。

私があがり症になった根本的な原因については、また次回お話しさせていただきます。