無料体験はこちら

真逆

英語

こんにちは。

私は日本語ボイトレと英語発音の両方のレッスンを受けています。

そこで気づかされるのは、練習方法が真逆であるということです。

真逆というのは、子音と母音のバランスですね。

これまでも何度か触れていますが、日本語は母音、英語は子音をはっきり強調させるように発音します。

練習方法ですが、日本語のレッスンでは、文章の中の母音だけを発声する練習をします。

例えば、次の文、

「大都市圏ではすでに変異株が広がっていてもおかしくない」

これを、

「あいおいけんえあ うえい えんいあうあ いおあっえいえお おあいうあい」

のように母音だけを口をはっきり動かしながら発声します。

日本語は母音を丁寧に発声することで、声の響きに深みを持たせることができます。

一方で英語ではどんな練習をするかというと、日本語と真逆ですね。

子音を強調していきます。

例えば、次の文、

Facebook is an extremely popular social media program in the USA as well as other parts of the world.

これを以下の太字の音を強調して読むようにします。

fs bʊk əz ən ɛkˈstrimli ˈpɑplər ˈsʃəl ˈmidiə ˈproʊˌgræm ɪn ðə ˈjuˈɛˈseɪ əz wɛl əz ˈʌðər pɑrts əv ðə wɜrld.

強調するのは、子音全般(黒太字)と、母音については、腹筋から出す音/ɜr/, /ɑr/, /ɛr/(赤太字)です。

練習では、少し伸ばすように発音します。

英語は子音が強調されますので、単語の出だしで瞬発的に腹筋を使って、息を強く鋭く吐くことが重要になります。

このように、日本語と英語では発声で強調すべき箇所が全く変わってきます。

なので、いくら英語の発音記号を覚えたとしても、日本語と同じような調子で母音を発声をしていては、英語らしくはならないのです。

英語らしく話すには、子音と母音のバランスにも気を付けていく必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました