私の後悔

こんばんは。

私が英語で後悔していること。

それは、

「もう少し早く発音を勉強しておけばよかった」

です。

以下のグラフは私の英語レベルの推移です。

左軸がTOEICスコア、右軸が発音レベルです。

英語を本格的に勉強始めたのは大学3年の時。

始めて受けたTOEICは500点台でしたが、毎日2時間の勉強を継続することにより、スコアは毎年100点ずつ上がっていきました。

博士1年時には、念願の900点越えをマーク。

私にとって英語でのはじめての成功体験です。

一方、発音レベルはどうでしょうか。

発音の勉強を開始したのは、修士1年の時。

当時、イーオンに通っていたのですが、外国人と話す中で、

「英語には日本語にないイントネーションの気持ちよさがある」

と気づいたのが学習を始めたきっかけです。

イーオンで売っていた5万円ほどのビデオ教材(当時はまだVHSでした)を買って、口のフォームを学びました。

学んだ発音で毎日ひたすら音読練習することにより、TOEICも順調に伸びていきました。

その後、博士・助教時代でも国際学会での発表も無難にこなせていましたので、自分の発音はもうすでに上級に到達しているものと思っていました。

しかし、残念ながら、これは大きな勘違いでした。

自分の発音が正しいことを確認するため、軽い気持ちでマンツーマンの発音体験レッスンを受けてみたのですが、そこで自分の発音が全然違っていることを思い知らされました。

口のフォーム以前に、なんかもう、声の出し方からして違う。(これが腹式呼吸と言うやつ?)

私にとって英語でのはじめての挫折経験となりました。

実はこれはものすごく最近のことで、3年前の話です。

その後、一念発起して、その発音レッスンを継続的に受けることにしました。

その後の発音の成長はグラフの通り、急速な進歩を遂げました。

2年くらい受けると、教え方まで分かってきましたので、自分でも英語講師としてレッスンを始めてみました。

教える側に立つことにより、日々の緊張感、モチベーションが高まり、さらに成長が加速したという感じです。

これらの経験から分かったことは、英語には独学では習得が難しい分野があるということ。

それは言うまでもなく、発音です。

私の場合、ほぼ独学でTOEIC900点を超えるという成功体験がありましたので、発音も独学で継続すれば極められるものと勘違いしてしまいました。

成功体験が仇となった形です。

独学で発音を学んでから10年以上、音読練習を継続していましたが、中途半端な発音で10年も継続してしまったことがすごく悔やまれます。

もし、もっと早く正しい発音をプロに教えてもらっていたとしたら、その10年の時間でもっと大きく成長できたのではないか。

10年早く英語講師になることができたのではないか。

いろいろ後悔の念がこみ上げてきます。

発音に関しては、自分の間違いは指摘されないと分からないものです。

当時、私は地方に住んでおりましたので、発音専門のスクールなどなく、レッスンが受けられなかったのは致し方ない面もあります。

現在はオンラインで、全国どこにいても発音レッスンが受けられます。

皆様も早い段階で基礎を習得されておくことをお勧めします。

勿論、私もまだまだネイティブには程遠いと思っておりますので、皆様に少しでも上質のレッスンが提供できるよう、日々練習を重ねていく次第です。

2 Replies to “私の後悔”

  1. 興味深いグラフですね!
    特に、「?」が、990点だったら、…
    英語学習の新方式、矢竹方式の実証に繋がるのでは、…??

    また、先生の包み隠さない、空けっ広ろげなコメントには、心から敬服しております。本当の強さを感じます。これからも、宜しくお願いします。
    最近、読み書き、リスニングが、少し楽になって来たのを感じてきました。感謝しております。

    1. お世話になっております。
      コメントありがとうございます。
      TOEICはその後何度が受けて900点前後を行ったり来たり。
      今は点数より、美しく話すことに興味が移りTOEICは休んでいます。
      英語学習、無理せず継続されてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です